35歳の少女 エンタメ

35歳の少女|第3話「ネタバレを含むあらすじと結末を登場人物画像付きで解説」

ドラマ「35歳の少女」第3話の画像35歳の少女
ドラマ「35歳の少女」第3話の画像

柴咲コウさんの5年ぶりの連ドラ主演でその演技力がすごい!と話題になっているドラマ「35歳の少女」

この記事では「35歳の少女」第3話のあらすじやネタバレ、見逃し配信の方法などをまとめます。なお、情報は随時、追記・更新されます。

https://marudedameko.com/sibasakikou-enjou/

35歳の少女|第3話の登場人物とあらすじ

ドラマ「35歳の少女」の登場人物は10歳の心のまま35歳になってしまった柴咲コウさんが主演を務める望美とその家族、初恋の相手・結人を中心にストーリーが進んでいきます。

「35歳の少女」第1話と第2話のあらすじについては以下の記事にまとめてあります。見逃したあなたはこちらからどうぞ。

ドラマ「35歳の少女」第1話のあらすじはコチラ

ドラマ「35歳の少女」第2話のあらすじはコチラ

35歳の少女|第3話登場人物

35歳の少女登場人物

35歳の少女登場人物

ドラマ「35歳の少女」の主な登場人物はこの9名!

時岡望美(柴咲コウ)
主人公の時岡望美。とても明るい性格でアナウンサーになるのが夢。10歳の時に壊れた自転車を飛ばしておつかいに行き事故に遭ってしまう。目を覚ました望美の前に現れたのは25年後の未来。心が10歳のまま身体が35歳の女性です。両親が離婚しており「時岡」は母の旧姓。
主演の柴咲コウさんは21年間所属していた大手芸能プロダクション・スターダストを退所し、2020年4月からは自身の経営する会社の社長兼所属女優として再出発をしていますね。5月には「種苗法」に対する発言により共産党の赤旗新聞に掲載されていることが拡散されましたが・・
妹の愛美役を演じる橋本愛さんと「同じ系統の顔なので姉妹役を演じてみたかった」とインタビューで語っていた柴咲コウさん、35歳の約なのでそれくらいの年齢なのかと思いきや今年39歳!永遠に20代の様です、美しすぎる!!
時岡多恵(鈴木保奈美)
主人公望美の母、多恵。娘の事故をきっかけに夫と離婚し笑顔を亡くしている。二人の娘を育てるために保険の外交員をしてきました。望美が目覚めたことで家族を再生しようと奮闘します。
時岡愛美(橋本愛)
主人公望美の妹。事故の日、本当は自分がおつかいを頼まれていたのに代わりに行ってくれた姉が事故に遭ってしまいます。両親が離婚し家族がバラバラになり寂しい思いをしながら成長。半面自分のことは自分でできるしっかりものに。成人してからは広告代理店に勤めていますが、恋は不器用。
時岡愛美役を演じる橋本愛さん、中学の入学式で「柴咲コウに似てるって言われない?」と言われたことがあるそう!お2人とも正統派美人で確か雰囲気が似ています。
広瀬結人(坂口健太郎)
主人公望美の小学校の時の初恋の相手。望美に「教えるのが上手いから先生になったら?」と言われたことがきっかけで小学校の先生をしていたことがあるがある事件をきっかけに退職。25年後に心が10歳のままの望美と再会し、自分を見直していく。
今村進次(田中哲司)
主人公望美の父。大手ハウスメーカーで優秀な成績を収めていたが、多恵と離婚した後はパッとせず。5年後に再婚しているが、義理の息子が引きこもりの難ありでストレスを感じています。前の家庭にも未練有り。
今村加奈(富田靖子)
進次の結婚相手。引きこもりの連れ子がいる。息子の達也はリビングに出てくる時も親と顔を合わせないように事前にメールをしてくるなど異様な生活をしている。自分の感情を抱え込んでしまう性格で進次が前の家庭に未練があることも気が付いていてモヤモヤしている。
今村達也(竜星涼)
加奈の連れ後。一度は就職したもののいじめにあい引きこもりに。既に1年以上引きこもっておりリビングに出るときも親と顔を合わせないように徹底している。
相沢秀男(細田善彦)
愛美(望美)の会社の上司で元恋人。既に別れて現在は別の部下と付き合っているが、未練のある愛美にしつこくされている。
林田藤子(大友花恋)
愛美(望美)の部下。大手飲料メーカー社長のご令嬢。現在は愛美の元彼である課長の相沢と付き合っている。

35歳の少女|第3話のあらすじ

25年ぶりに事故から目覚め中身は子供のままで35歳の大人になってしまった主人公の望美。大好きだった母親は笑顔のない女性になっており、家族はバラバラという状態。絶望に暮れる望美は再び自転車事故を起こそうと試みるものの結人に励まされ前向きに生きることを誓う。家族に「成長する!」と宣言した望美だったがなかなか上手くはいかず・・。

 

ドラマ「35歳の少女」主題歌やキャストなど

ドラマ「35歳の少女」の原作漫画?はコチラ

ドラマ「35歳の少女」は韓国ドラマが原作?

35歳の少女|第3話のネタバレ

前回までのあらすじはコチラから

ドラマ「35歳の少女」第3話は望美の父・進司の回想シーンからスタート。仲が良くお姉ちゃんが叱られると一緒になって涙を流す妹の愛美。進司は幸せだった昔の家庭を懐かしく思いながら、引きこもりになってしまった義理の息子のことを常に心配しています。

ドラマ「35歳の少女」第3話の画像

ドラマ「35歳の少女」第3話の画像

 

ある日、勇気をだして達也の部屋をノックした進次。「小さい頃はよくキャッチボールしたよな、心の壁を取っ払ってキャッチボールしないか!?」と思い切りぶつかるものの出てきた達也に「整形費用100万円よこせ」と言われる始末。

ドラマ「35歳の少女」第3話の画像

ドラマ「35歳の少女」第3話の画像

「成長する!」と宣言した望美は母・多恵に連れられ小学生の学習塾に通い始めるもののついていけません。冷たい母と対極的に優しい父に小学5年生の数学を教えてもらう望美。隠れて父・進次と会っていることで再び言い争いになる両親を見て望美は悲しい気持ちになってしまいます。

ドラマ「35歳の少女」第3話の画像

ドラマ「35歳の少女」第3話の画像

望美の妹はプレゼンを自分の機転で成功させたにも関わらず、上司で元カレの相沢に存在を無視され激怒しています。相沢の新しい彼女・藤子にも嫉妬を募らせ、代行業をしている結人を呼び出し泥酔。その後、相沢の自宅下まで押しかけ中森明菜の「難破船」を歌いながら暴れて怪我をして結人に実家に運ばれます。

ドラマ「35歳の少女」第3話の画像

ドラマ「35歳の少女」第3話の画像

たまたま自宅に居合わせた母・多恵と妹・愛美もいがみ合い・・行きどころのなくなった望美は母の制止を無視して結人に会いに行くことにしました。

 

 

ドラマ「35歳の少女」の見逃し配信はHuluで視聴が可能です。2週間の無料期間で10歳の心が柴咲コウさんを観よう!

 

 

思い出の図書館で待ち合わせをした望美と結人。望美はひょんなことから結人の仕事「リア充」代行に着いて行くことに。依頼者の男の誕生日パーティに訪れた望美は、そこにいる全ての人が「代行業」で雇われた他人だと知ってびっくり。

ドラマ「35歳の少女」第3話の画像

ドラマ「35歳の少女」第3話の画像

うっかり酒を飲んで酔っ払ってしまった望美は依頼者の男性に「こんな嘘っぱちのパーティはおかしい!リア充を自慢したいなら本当の友達や家族とやらないと意味ないでしょ」と言い放ち、男性を怒らせてしまいます。

愛美に続き、泥酔した望美を自宅に送り届けた結人は母の多恵に「望美の携帯番号を消し、もう関わるな」と叱責されます。望美が自転車で自殺未遂を試みたことを聞かされた多恵は動揺するものの、顔色は変えず結人を追い返し、望美の部屋に監視カメラを付け外から施錠、完全に望美を自分の監視下に。

「昔はママの顔を見るだけで家族みんなが幸せになれたのに・・こんなの私が大好きだったママじゃない!!」と吐き捨てて結人に会いに行く望美。自分が寝ていた25年間もの間、母が諦めずにいつも傍にいてくれたことを感謝している気持ちを手紙にし、アナウンサーのように母の前で音読します。

ドラマ「35歳の少女」第3話の画像

ドラマ「35歳の少女」第3話の画像

素直になれず無表情のまま振り返る母・多恵。「週2回、結人君と勉強するの」と言われ抱き着いて「ママ大好き」と喜ぶ望美。二人の距離が縮まり始めた瞬間でした。

 

とここまでがドラマ「35歳の少女」のネタバレ・結末を含む内容です。

 

35歳の少女|第3話の視聴方法(見逃し配信)

ドラマ「35歳の少女」画像

ドラマ「35歳の少女」画像

10月10日夜22時から第1話の放送が開始されたドラマ「35歳の少女」、録画し忘れた!全話一気見したい!というあなたに朗報です。動画配信サイトHULUでドラマ「35歳の少女」が配信予定となっています。放送開始日の10月10日までは同じく柴崎コウさんが主演した「○○妻」などの人気作品も見放題!

Huluは月額1026円で7万本以上のテレビ・映画・バラエティ番組が見放題のサービス。2週間の無料お試し期間でドラマ「35歳の少女」の視聴も可能。Huluでしか観られないオリジナル作品がスマホやパソコンどこからでも楽しめる人気のサービスです

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました