35歳の少女

35歳の少女|第8話のネタバレを含むあらすじ「望美が年収数千万の実業家に?」次回予測も

ドラマ「35歳の少女」画像35歳の少女
ドラマ「35歳の少女」画像

10歳少女の心の演技が話題になっている柴咲コウさん主演のドラマ「35歳の少女」

この記事では2020年11月28日に地上波で放送されたドラマ「35歳の少女」第8話のあらすじ、放送内容(ネタバレ有)、次回予測や視聴した感想を画像を交えまとめます。

柴咲 コウ「種苗法」反対で共産党系だということが判明しTwitter炎上まとめ!
2020年3月31日をもって所属していた大手芸能事務所スターダストプロモーションを退所した女優の柴咲 コウさん。 5月に突如「種苗法(しゅびょうほう)改正案」への反対を表明し、結果的に共産党系の人物であることが判明し話題になっています...

35歳の少女| 第8話のあらすじ

ドラマ「35歳の少女」画像

ドラマ「35歳の少女」画像

母・多恵に「結人くんか自分かどちらかを選びなさい」と言われ実家を飛び出し結人と同棲を始めた望美。現実を受け止めアナウンサーになることを諦めレストランで働いていましたが、結人が結人の信念を持って小学校の教師に復活してほしい気持ちが強すぎて・・・2人は喧嘩別れして望美は結人の家も出て行方不明になります。

妹の愛美は代行業に登録し、お金をもらって男性と疑似デート。父・進次は後妻の加奈から離婚届を突き付けられています。義息子の達也は手にした200万円で人生一発逆転と競馬で一点買い・・。

そんな中、行方不明だった望美が見つかりますがそこにはみんなが知っている純粋で10歳のままの真っすぐな望美の姿は無く・・「お父さんの年収くらい1か月で稼げる」と何やら実業家(?)に転身しているようです。

すっかり変わってしまった望美を元通りにするべく結人が向かった先は望美の母・多恵の元でした。

 

ドラマ「35歳の少女」第1話から第7話までのあらすじは以下からどうぞ

ドラマ「35歳の少女」第1話のあらすじはコチラ

ドラマ「35歳の少女」第2話のあらすじはコチラ

ドラマ「35歳の少女」第3話のあらすじはコチラ

ドラマ「35歳の少女」第4話のあらすじはコチラ

ドラマ「35歳の少女」第5話のあらすじはコチラ

ドラマ「35歳の少女」第6話のあらすじはコチラ

35歳の少女| 第8話のネタバレ

ドラマ「35歳の少女」画像

ドラマ「35歳の少女」画像

ドラマ「35歳の少女」第8話の冒頭シーンは、望美と結人の結婚式のシーン。父・進次は離婚を真逃れ、義息子で引きこもりだった達也も就職が決まり家族全員が幸せそう。妹の愛美もグラフィックデザイナーとしての一歩を踏み出しており「お姉ちゃんに言われて夢を諦めないで良かった!」と笑顔。望美もアナウンサーになり、結人も理想的な形で教師に復活できて・・・超ハッピーエンドな映像が流れますがそれは結人の夢でした。

「もう誰の幸せも願わない、自分のためだけに生きていく」と結人の家を飛び出していた望美を心配しつつ、結人はある進学校の小学校に赴任します。クラスメイトから孤立してしまっている男子生徒を気にかけるもののなかなか心を開いてはくれません。

ドラマ「35歳の少女」画像

ドラマ「35歳の少女」画像

望美が「時間を買います」というビジネスをやっていることを知った父・進次は動画の背景から推測して望美の元へ。望美のやっている時間売買ビジネスは以下のようなものでした。

暇を持て余している人から時間を買って、やることがいっぱいあって時間が足りない人のために使ってもらう。掃除や洗濯や買い物はもちろん、めんどくさいメールの返信や近所付き合い、誰も助けてくれない親の介護や子育てまで。そうすればその間に自分は好きなことに専念できる

別人の様に凍り付いた表情で「手数料とネットの広告収入でパパの年収くらいひと月で稼いでいる。これ以上私の時間を無駄にしないで」と言い放つ望美。進次は望美のアドバイスに従い、妻の加奈に手紙を書こうとしましたがうまくいかず、竜也に言われた通り素直に自分の気持ちを伝えることにしました。「本当は望美が目を覚ました時に多恵とよりを戻して前の家族でやり直したい」と加奈に打ち明け離婚届に判を押してしまいます。その時、部屋に閉じこもっていた加奈が部屋から出てきて・・

ドラマ「35歳の少女」画像

ドラマ「35歳の少女」画像

ロリータファッションに身を包んだ愛美はなんと結人がやっていた代行業で色々な男性と疑似デートをしています。「どうせこの世に真実の愛なんかないし」とやさくれ、グラフィックデザイナーの夢も志半ばの様子。愛美も望美の元を訪ねていつも通り強気で噛みつきますが逆に「昔から何も変わっていない。私の物ばかり欲しがって、手に入れる努力は何もしない。これ以上身勝手な寂しさを人前でばら撒くのやめたら」と一括されます。

ドラマ「35歳の少女」画像

ドラマ「35歳の少女」画像

愛美から望美のビジネスのことを聞いた結人。動画を開いてみると「これからは無駄なものは捨てましょう。私たちに必要なのは情報と金、そして自分だけ」と淡々と語る望美の姿がありました。25年前図書館で、望美が人形相手に結人への告白の練習をしているところに鉢合わせ「お前なんか好きじゃない」と言ってしまった様子を思い出し、現在と重ね合わせてため息をつき「何であんなこと言っちゃったんだろう・・、あの次の日あいつは事故にあったんだよなぁ」と結人。

ドラマ「35歳の少女」画像

ドラマ「35歳の少女」画像

意を決して望美のもとを訪れ「俺が好きだった望美に戻ってくれ」と懇願します。その言葉に望美は少し心を動かされたようにも見えましたが、鼻で笑うと、自分のことを心配しろと結人も追い返します。「私たちはさよならを言うために出逢った」というセリフに本当に2人は終わったんだと結人は悟りました。

ドラマ「35歳の少女」画像

ドラマ「35歳の少女」画像

望美に母・多恵のところに行き「望美さんにはもう二度と近づかないから、望美さんを助けてあげてください」と土下座する結人。その言葉で多恵も望美に会いにいき「一緒に死のう!」と高層階の窓に押し倒し・・

ドラマ「35歳の少女」画像

ドラマ「35歳の少女」画像

多恵「私はあなたをこんな人間にするために25年頑張った訳じゃない!」

極限の中で死を悟った望美でしたが、意識が戻ると目の前に見えたのは倒れている母・多恵の姿でした。

 

・・・とここまでがドラマ「35歳の少女」第8話のネタバレを含むあらすじです

35歳の少女 | 第8話の感想と考察

まさか望美が時間を売買するYoutuberとして一旗揚げているとは意外過ぎた展開の第8話!元々クールビューティーな柴咲コウさんの、心を凍らせた女性の演技はかなり自然でしたね。すっかり変わってしまった望美の「弱者は切り捨てられて当然、非生産的な人間は時間を無駄にしている」という考え方は間違っているという結人のセリフは現在社会へのメッセージでしょうか。左翼的メッセージが時折出てくるドラマなので今回も来たか!という感じw「みんなの幸せを願おう」というリベラル的要素が第8話でもちょいちょいありましたね。しかし心の奥底では純粋な部分を捨てきれていない望美が10歳の時の自分と(夢で)対面して追い詰められるシーンに今後の展開のヒントがありそう。最終話まであと2話ですが、なんとかハッピーエンドに向かって欲しいです!

 

他の視聴者の方の感想も紹介!

  とても衝撃的な回でした。望美がネットにアップした動画は、25年間眠っていた望美が眠っていた間に変わり果てた世界に持った違和感から言える言葉だと感じた。ただ、周りへの怒りや絶望から時間の売買を斡旋する仕事を始めてしまうのは、少し曲がった方向に行ってしまっていると感じました。そんな望美の状態を知った多恵が望美のマンションを訪れて、一緒に死のうと望美を抱え、窓から身を乗り出そうとしていた時に出た言葉が心からの言葉に感じました。

最後、多恵が倒れてしまい衝撃的な終わり方をした第8話。次週、どのような話の展開をしていくか楽しみです。

35歳の少女 | 次回(第9話)の予想

エンディングの次回予告をみると、倒れた多恵の容態はかなり悪い様子。「情報と金と自分」しか必要ないと言い放っていた望美ですが、母のことは気がかりなはずな望美は結人の説得で再び家族の再生に尽力するのではないでしょうか。父・進次と妹・愛美と3人で食卓を囲んでいる映像も流れていました。母が戻ってくるまで家族を元に戻そうとそれぞれが努力するのか・・?となると進次は加奈と竜也とどうなっていくのか。どうやら離婚届けは提出していなそうな加奈。各自が目の前の問題から逃げずに立ち向かおうとする様子ドラマ「35歳の少女」第9話で描かれるものと思われます。

 

「35歳の少女」最終話は望美と結人の結婚式シーンでハッピーエンド

まとめ

ドラマ「35歳の少女」第8話のネタバレを含むあらすじや、視聴した感想、第9話の予想をまとめました。最終話まであと2回!最後は望美と結人のリアル結婚式シーンで終わるのか!?注目が集まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました