ゲキカラドウ

ゲキカラドウ|第1話ネタバレを含むあらすじや感想!「猿川に室長・谷岡が唱えたゲキカラドウとは一体?」次回予測も

ゲキカラドウ

2021年1月6日から、東京テレビにてドラマ「ゲキカラドウ」が始まります。主演はジャニーズWEST・桐山照史さん。単独主演と地上波のドラマ主演は、今回が初めてのようです。

この記事ではドラマ「ゲキカラドウ」第1話のネタバレを含むあらすじや感想、次回予測などを画像を交えてまとめていきます。なお情報は随時、追記・更新されます。

ゲキカラドウを無料視聴する方法と第1話から最終話まで全話ネタバレ&キャスト
2021年1月スタートのテレビ東京深夜枠ドラマホリックはジャニーズ主演の新感覚激辛ドラマ「ゲキカラドウ」! この記事ではジャニーズWEST・桐山照史さん地上波初主演ドラマ「ゲキカラドウ」を無料視聴する方法、第1話から最終話までの各話ネタバレ、キャストや主題歌情報をまとめていきます。

ゲキカラドウ|第1話のあらすじ

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

飲料メーカー「ロンロン」の社員・猿川(桐山照史)は、大阪本社での実力を認められ東京支社・営業促進室に異動となります。しかし、異動初日に老舗酒店に営業に行くも、店主の葛城(相島一之)を怒らせてしまいます。その日の夜、室長の谷岡(平田満)、大河内(泉里香)ら営業促進室メンバーによって、猿川の歓迎会が開かれました。しかし、そこで出てきた料理は、驚くほどの激辛料理でした。そんな激辛料理を黙々と食べ始める猿川以外の営業促進室のメンバー。その様子に圧倒される猿川に室長・谷岡は”ゲキカラドウ”なるものを唱えます。

ゲキカラドウ|第1話のネタバレ

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

今までサポート担当で新規開拓の経験が浅かった猿川は、上司から株式会社ロンロン・大阪本部から、東京の株式会社・営業促進室に異動を命じられました。不安げな猿川でしたが、上司はキャリアアップに繋がるとして話を進めます。結果を出して大阪に帰ってこいと鼓舞され、東京へ異動することになりました。そして、東京ロンロン・営業促進室に着いた猿川は失礼しますと入っていきます。営業促進室に居た室長・谷岡と、後輩にあたる亮介と挨拶をかわします。

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

早く仕事になれてもらうため、猿川は手始めに信濃屋酒店の営業を任されました。補佐で後輩の亮介がつくことに。異動前に上司から異動先は開拓促進室だと聞いたのでそのことを亮介に聞く猿川。開拓より爆弾処理班ですねと返されます。爆弾?と疑問に思う猿川ですが営業先の酒店に着きます。

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

猿川のみ店に入り、奥から出てきた店主に名刺を差し出し商品の紹介をします。すると店主は前も言ったよね?突然と営業は困ると激怒します。猿川は必死に謝りますが、謝ればいいんですかと怒りが収まらない様子の店主。そして、奥でパソコン作業に疲れている様子の店主の姿をうかがいながら店を出ます。亮介と歩きながら猿川は何故一度営業かけた店だと教えてくれなかったのかと聞きますが、だって聞かれなかったんでと答えます。猿川は、そのあっけない返答にえっ?と驚きますが、そのまま猿川の歓迎会が行わる「辰家」という韓国料理のお店に着きます。先に到着していた室長、後から同じ営業促進室のメンバーが到着しました。

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ビールが人数分運ばれてきて、猿川に乾杯と同時に歓迎会が始まりました。亮介が営業促進室のメンバーを紹介していきます。猿川の正面に座っている女性は、ロンロンイチいけてる女性社員・大河内友麻。右斜めに座っている男性は、恋愛歴と営業力はナンバーワン・秋山雅人。左斜めに座っている男性は、ロンロンイチ暑苦しい男・山崎裕也。皆の紹介を終えた所で猿川の紹介が一マります。「猿川健太です。大学時代は応援団に所属し―」紹介を始めますが、自己紹介の途中で出来上がった料理がテーブルに運ばれてきたため、猿川の紹介はそこで終了し、猿川以外のメンバーがいただきますと言うと一斉に料理を食べ始めました。

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

大河内は取り出した赤い粉末を料理にかけると、ほどいていた髪を一本にまとめ、食べるのに本気モードに。そして猿川も室長に勧められ料理を食べ始めるが…想像以上の辛さに箸が止まってしまいます。猿川のその様子を見て、メンバーの大河内、秋山、山崎は静かに嘲笑います。辛さに驚いた猿川は料理を観察すると料理にはネギらしきものが入っています。

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

猿川の横に座っている室長は、それはネギじゃなく青唐辛子だと教えてくれます。ここの料理には青唐辛子が沢山入っているという。山崎がおいとうがらし(青唐辛子)を追加注文をします。メンバーは料理に青唐辛子を大量にかけ、再び食べ始めます。圧倒される猿川を横目に、大河内は「ジンジンくる。わかんない?ビタミンA・E・Cが代謝をあげ、カプサイシンが奥までくる感じ。」と話し、秋山は「この刺激はデトックスの高鳴りだ…。まるでショパン。」と激辛料理に対する今まで培ってきた美学をときはじめます。テーブルに具材が入った土鍋とコンロが運ばれ、メインデッシュが届きます。店員の方が調理を進め、ぐつぐつと煮え立つ料理は見た目だけで辛そうです。更にあの青唐辛子を仕上げに大量に入れ完成しました。

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

猿川以外のメンバーは、どんどん食べ始めます。そのメンバーの様子に猿川は圧倒され皆を見渡し困惑します。室長はと教えます。辛いという字は辛いと読めるが一本足せば幸せという字になるんだと猿川に言うとさあ食べ始めようかと激辛料理への箸を進めるのでした。猿川はこれが東京なのかと圧巻されます。

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

朝、目覚め、起き上がる猿川。ここは東京なんだよなと辛さがこみ上げる。自分の大学時代の応援団の時の制服を眺めます。大阪本部から異動前に一緒だった応援団メンバーからの声援を送られ旅立った記憶を思い出します。そして、改めて営業を断られた酒屋に向かいますが入口に営業お断りという貼り紙がされ、断念する猿川。昨日の晩からまともにご飯を食べてないことに気づく猿川はふとみかけたという「らーめんランド」という店名のラーメン店へ入ります。席につき、店主にラーメンと目玉チャーシュー、醤油を頼みます。店内に居る他の客が辛そうなラーメンを啜っているのを見かけると先ほど頼んだ料理をやめ、他の客が食べているラーメンと同じものを店主に頼みます。

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

店主は、地獄ラーメン何丁目でしょうかと猿川に聞きます。一番辛くないのが1丁目だと説明し、他の客が食べている地獄ラーメンが3丁目、10丁目と店主は説明します。猿川は間をとって手で5本(5丁目)を示しますが、店主に50丁目ですねと注文を受け取られます。猿川はええと言いますが時は遅く、男だね~と店主は言います。他のお客も驚いた様子でした。

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

テーブルに届いた真っ赤な地獄ラーメン。地獄ラーメンを啜り始めますがあまりの辛さに、箸が止まり水を飲みます。その様子に周りの客は少し苦笑いの状態です。その時に猿川は歓迎会で激辛料理を一人だけ食べれず他のメンバーから嘲笑られた記憶が蘇り、負けるかと再び食べ始めます。大阪本部で期待を背負われ東京に来た猿川は色々な思いで地獄ラーメンを啜っていきます。

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

そして、最後までスープを飲み干し、店内の客の表情も賞賛のものに。なぜこんなに辛いものをと疑問に思う猿川でしたがコップに水を注ぎながら店主は外に出ればわかるよと言いいます。そして外へ出た猿川は一気に清々しい気持ちになりました。異動し始めてから失敗続きで苦しい表情の多かったですが、やっと自身を取り戻した表情になった猿川でした。

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

そして営業先の酒屋に着いた猿川は仕事抜きでお手伝いにきましたと酒屋の店主に伝えると、奥まであがりこみます。そして酒屋の店主がパソコン作業で見づらそうにして困っているExcelをズームにしてあげ見やすくしてあげました。そして酒屋の店主からは名刺をくれと言われ、名前も尋ねられました。助かったよとぶっきりらぼうにお礼を言われ名刺も受け取ってもらたのでした。

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

営業促進室へ戻った猿川は室長に今回の件を話します。そしてメンバーの秋山からは、この先どうなるかが問題だなと厳しく言われます。大河内からは「はい、同期」だけで名前も呼ばれずがさつに、これから営業促進室が契約を目指す営業先リストを渡されます。猿川はそのリストを見ます。リストには営業が成功する難易度が辛さで示されており、猿川が上手くいった1件目の酒屋はなんとまだ辛さ1でした…。

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ドラマ「ゲキカラドウ」画像

ゲキカラドウ|第1話の感想と考察

期待をされ早速1件目の営業を任されるも酒屋店主の機嫌を損ね失敗していまい、更に初日の猿川の歓迎会では食べられない程の激辛料理が出てきて周りのメンバーから引けを取られ、東京という場所の厳しさを思い知る猿川。その場面を見てもどかしくなりました。

しかしなんとか異動前の上司からの期待や自分が所属していた応援団からの応援を思い出し、自分が昼食で入ったお店で頼んだ激辛地獄ラーメンを完食した後、仕事抜きで1件目の営業先へ赴き、店主の困りごとを助けにいったことが感謝され名前を覚えてもらえ名刺も受け取ってもらえました。店主の機嫌が悪かったのは、慣れないパソコン作業に困っていたからで、猿川がその様子をよく観察していたようでした。猿川の機転が利き、異動後任された1件目で名刺を渡すことまで上手くいき、歓迎会では引けをとり食べられなかった激辛料理を、ラーメン屋にてリベンジ、完食できた時は清々しかったです。しかしに営業促進室へ帰り、大変だった今回の件にもかかわらず、渡された取引先リストを見ると酒店の辛さレベルは1でした。リストにある他の営業先の辛さレベルが10まであり、営業の難易度もこれから出てくる激辛料理もハードになるのでしょうか。

ゲキカラドウ|次回(第2話)予測

次回の第2話は、辛口激安スーパーと激辛焼肉。前回と同様、手ごわそうな店主が登場。予告編には、今日の所はお引き取りくださいとスーパーの店長に営業を断られている猿川の場面がありました。前回は機嫌を損なわれていましたが、今回は淡々とした対応のポーカーフェイスの店長が、手ごわそうな印象を受けました。そして、一方次回登場する激辛料理は激辛焼肉とありました。これは、焼肉につけるタレや、激辛調味料につけてある肉が登場する気がします。そして、世界に3番目に辛い唐辛子を使った料理が登場するようです。そして、激安スーパー・ゲキヤスドウvsゲキカラドウ、ゲキヤスとゲキカラをかけた闘い、猿川のゲキカラドウを通した成長が期待できるでしょう。

まとめ

ここまで新ドラマ「ゲキカラドウ」第1話のネタバレやあらすじ、考察、視聴した感想、第2話次回予測についてまとめてきました。猿川が営業に行った1件目の難易度は何とまだ辛さ1でした。この先、辛さ1以上の強敵営業先が現れそうな予感です。続く第2話も楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました