Twitterで話題

井上浩一(増戸小学校)画像「他の教師が仕事さぼり嫌がらせで生徒の上履き隠す」あきる野市

生徒の上履きを隠し逮捕されたあきるの市増戸小学校教師の井上浩一の顔画像Twitterで話題
生徒の上履きを隠し逮捕されたあきるの市増戸小学校教師の井上浩一の顔画像

10月15日に生徒の上履きを隠したとして器物損壊の容疑で逮捕されたあきる野市立増戸小学校教師の井上浩一(いのうえこういち)容疑者。井上浩一容疑者が生徒の持ち物を隠した理由が、増戸小学校の他の教員が仕事をさぼっていることに腹をたて嫌がらせのためだと判明しました。この記事では井上浩一容疑者の画像やプロフィール、事件の概要などを関係者の証言を交えまとめます。なお情報は随時追記・更新されます。

山村留美乃facebook画像とアルバイト先特定「怨恨により男に刺殺されたか」京都市
10月11日(日)の午後2時ごろ、京都市下京区の市営住宅で一人暮らしをしていた山村留美乃さんが刺殺されているのが発見されました。この記事では関係者の証言を交え、山村留美乃さんのfacebook画像やプロフィール、自宅住所やアルバイト先などについてまとめます。なお情報は随時、追記・更新されます。(追記)事件発見までの概要や山村るみのさんの画像(卒アルなど)、友人のコメントなどを追記しました。

井上浩一(あきるの市立増戸小学校教師)の画像

生徒の上履きを隠すなどし逮捕されたあきるの市立増戸小学校教師の井上浩一容疑者。井上浩一容疑者の顔画像が明らかになりました。井上浩一容疑者の画像が以下の通りです。井上浩一容疑者は色白で細身、頬がこけていることから神経質な印象を持ちます。

生徒の上履きを隠し逮捕されたあきるの市増戸小学校教師の井上浩一の顔画像

生徒の上履きを隠し逮捕されたあきるの市増戸小学校教師の井上浩一の顔画像

井上浩一容疑者は警察に連行される際の画像は以下の通り。井上浩一容疑者はめがねをかけています。井上浩一容疑者が普段からめがねをかけていたかどうか現在関係者に確認をしています。

生徒の上履きを隠し逮捕されたあきるの市増戸小学校教師の井上浩一の顔画像

生徒の上履きを隠し逮捕されたあきるの市増戸小学校教師の井上浩一の顔画像

京都の部落地区出身で殺害された山村留美乃さんの画像

井上浩一が勤務するあきるの市立増戸小学校

井上浩一容疑者が自身が勤務するあきるの市立増戸小学校の生徒の私物を隠すなどした事件。あきるの市立増戸小学校のホームページに事件に関する公式のコメントが掲載されていました。井上浩一容疑者が事件をおこしたあきるの市立増戸小学校のホームページ画像が以下の通りです。

生徒の上履きを隠し逮捕されたあきるの市増戸小学校教師の井上浩一の顔画像

生徒の上履きを隠し逮捕されたあきるの市増戸小学校教師の井上浩一の顔画像

わいせつなどで教師が逮捕される事件が多発していますが、すぐにコメントを出すなど初動が早い学校であることがわかります。

井上浩一が事件を起こしたあきる野市立増戸小学校のホームページ画像

井上浩一が事件を起こしたあきる野市立増戸小学校のホームページ画像

あきるの市立増戸小学校は「教師の井上浩一容疑者が逮捕された報道の件」について、教育委員会からと校長先生のコメントを掲載していました。内容は以下の通りです。

 

あきるの市教育委員会からのコメント

あきる野私立増戸小学校 6年担任 井上浩一教論が、児童の持ち物に対する器物損壊によって9月26日に逮捕、10月15日に再逮捕されたことにつきましては、心からお詫び申し上げます。

同小学校では、児童の持ち物が落書きされたり、上履きが紛失したりする案件が起きておりましたが、教員が行ったものであるとは確定できていない中での今回の逮捕となったところでもあります。詳細な事実関係につきましては、警察が捜査中であるため、教育委員会も学校も確認ができておりません。

教員が、子どもの心を傷つける行為は、教員として行ってはならないことであります。子供たちの心のケアを第一に考え、教員やカウンセラーなどが丁寧に子供に対応してまいります。

教育委員会としましては、逮捕されたという事実を重く受け止め、厳正な対処を行ってまいります。

あきるの市立増戸小学校長のコメント

この度は、本校の教員が、教員として、大人として、決してしてはならないことをいたしまして本当に申し訳ありませんでした。心からお詫び申し上げます。

当該教員は授業料も高く、校務分掌を任せても的確にしごとをこなしていた教員でした。これまで、子供たちの楽しい学校生活を守るために持ち物への被害をなくそうと、学校を挙げて対策に講じて参りましたので、内部の教員が逮捕されたことについて、本当に残念でなりません。

教員の逮捕は、教員を信じて頼りにしてくれる子供たちにとって、大人が考える以上にショッキングなできごとです。現在、スクールカウンセラーとあきる野市の心理士による対策チームの力を借りて、子供たち全員にアンケートを実施したり、カウンセリングを行ったりして、全力で心のケアを行っているところです。

現在、学校としましては、子供たちがこれからも明るく元気に活動生活をおくれるようにすること、また、楽しみにしている運動会で子供たちが最大限の力を発揮できるようにすることを何よりも考えております。新型コロナ感染拡大防止のために。さまざまな行事を我慢してきた子供たちにとって、久しぶりにのびのびと全校で活動できる機会です。

子供たちの普通の学校生活、普通の楽しみを守ることが、今の私たちにできることと考え、全力で子供たちを守って参ります。

今回の件を決してむだにすることなく、よりよい学校を目指し、児童が本校に誇りをもって通えるようにしていく所存です。

誠に勝手とは存じますが、報道関係の皆様には、児童の健やかな成長と穏やかな日常生活のために、御理解とご配慮、ご協力を切にお願い申し上げます。

あきるの市のホームページにも教育長や増戸小学校の校長のコメントが掲載されていました。あきるの市も非常にしっかりとした行政をしているという印象です。

井上浩一(増戸小学校教論)プロフィール

生徒の上履きを隠し逮捕されたあきるの市増戸小学校教師の井上浩一の顔画像

生徒の上履きを隠し逮捕されたあきるの市増戸小学校教師の井上浩一の顔画像

生徒の上履きを隠したり落書きをするなどの器物損壊行為により逮捕されたあきるの市立増戸小学校の教師・井上浩一容疑者。井上浩一容疑者のプロフィールは以下の通りです。

 

氏名:井上浩一(いのうえこういち)

生年月日:1982年生まれ

年齢:逮捕時38歳

居住地:東京都日野市程久保8丁目

職業:教師(あきるの市立増戸小学校の6年担当)

2017年4月から約2年半、増戸小学校に勤務している

 

井上浩一容疑者が住む日野市程久保8丁目付近の画像がコチラです。

増戸小学校教師の井上浩一の自宅付近の画像

増戸小学校教師の井上浩一の自宅付近の画像

 

井上浩一(あきるの市立増戸小学校の教師)が起こした器物損壊事件の概要

生徒の上履きを隠したり落書きをするなどの器物損壊行為により逮捕されたあきるの市立増戸小学校の教師・井上浩一容疑者。井上浩一容疑者が起こした事件の概要は以下の通りです。

2020年10月15日、警視庁五日市署に「器物損壊」の容疑で再逮捕された。(井上浩一容疑者は9月26日に逮捕されている)
井上浩一容疑者は2019年5月から2020年6月にかけて生徒の持ち物を隠したりなどした疑い。再逮捕については、下駄箱にあった生徒の上履き3つを自身のロッカーに隠していたことが判明
あきるの市立増戸小学校では3年前からリコーダーなどの紛失や生徒の持ち物への落書き被害が約100件発生していた。これらの事件についても井上浩一容疑者が関与しているとして警察が捜査を進めている
警視庁五日書は増戸小学校から相談を受け、防犯カメラ映像などから浮かんだ井上浩一容疑者を9月26日に器物損壊容疑で逮捕していた
警察関係者からの情報によると井上浩一容疑者は「身に覚えがない」と当初は容疑を否認。その後「自分ばかりが朝早く登校し、他の教師は仕事をしていない」「憂さ晴らしにやった」などと容疑を認め、増戸小学校の他の教師に対する不満を警察に話していることがわかった
井上浩一容疑者は防災ずきんにペンで「しね」と書いたり、絵の具セットに「きしょいきみ」などを書き9月に逮捕され、10月に再逮捕された
自分の持ち物に「しね」とか「きしょい」と書き込まれた子供の心の傷・・。もしかしてその事を親にも言えず誰が自分を嫌っているのかお友達を疑わなくてはいけない被害生徒の気持ちを考えると胸がいっぱいになります。被害を知った親も我が子が何故こんな嫌がらせを受けるのかと眠れない日々を過ごしたことでしょう。
虐待が連鎖すると言われるように、井上浩一容疑者もいじめられっ子だった過去があるのか。井上浩一容疑者は自分ばかりが働き他の教師が仕事をせずさぼっていることが不満でその教師のクラスの子供の持ち物を隠したりしていたようですね。恨みのある教師のクラスの学級崩壊でも狙っていたのでしょうか。校長が評価していることから普段は優秀な教師として立ち回っていた井上浩一容疑者。この事実を知った生徒はダブルでショックを受けているんでしょうね。人間不信に陥ったらどうするつもりなのか。
他の教員への憂さ晴らしを、児童の持ち物に行う理由がわからない。
強いものに刃向かえないから、弱いものをターゲットにする。
これ、完全にいじめと同じ構図だよね?いじめについて指導するのが先生だよね?
いや、この男は先生じゃないな。
憂さ晴らしの方法も、捌け口の向け先も、何もかも間違ってしまっている。
余罪が疑われる件数も半端ではないが、割れ窓理論とか考えると「軽微だから咎めない」のではなく「軽微な犯罪も起きないようにする」必要があると思う。

懲戒免職になった教師が3年後には免許を再取得可能っておかしすぎる。

懲戒免職になるような奴は教師の資格無し。
2度と教師にしてはいけない。

病んでるなあ…。
よく3年も発覚しなかったものだ。上履き隠しや落書きは陰湿な苛めの常套手段。
子供達の間でも疑心暗鬼になって亀裂が入ったりしなかっただろうか。
少なくとも保護者はどれだけ心配だったことか。力になってくれる筈の教師がやっていたとは、目も当てられない。一人のおかしな教師のために、子供達が大人への信頼を失わないことを願います。
一人の児童が上履きを隠されただけでクラス全体が嫌な雰囲気になる。この教師は児童に
「上履きは隠してはいけません。」などと指導していたのだろう。隠した当人が教師なんて、
児童の受けたショックが想像できる。この教師には、即刻退職して欲しい。38才なので余罪もありそうだ。学校の防犯カメラが逮捕のきめてみたいだが、防犯カメラは校門を中心に設置されるので、校内向けの防犯カメラの設置は珍しい。校内トラブルが多かったのかもしれません。
関係のない子どもにやるなんて最低。子どもは上履き忘れたと他の人に思われ、押しピン踏む可能性のある靴下で歩いて嫌だったと思う。
教師以前に人として問題ありすぎ怪物親や生徒の暴力等、教育現場の苦労も多いだろうが
社会通念やバランス感覚の欠如著しい教師を、私も何人も見てきた社会経験や子育て経験のない新卒者をそのまま教育現場に送る前に一般企業や福祉現場等で社会人研修の必要があると思う
最近は教員の犯罪ニュースよく目にします。
現場は多忙で忙しそう、おまけに親の扱いも気を使う。こんな職場を志望する若い方って
普通の感覚では少ないと思います。
なので、こんな過酷な職業を選ぶのは
ヤバい願望を持った変態が混入し易すくなってるのかと思います。
私は普通の会社員ですが、子供が教師目指したら、辞めた方がいいんじゃないかって話すと思う。
こんな教師がいるなんて。
何があったからは知らないが憂さ晴らしに教職者が児童をいじめるなど言語道断、あってはならないと思います。
兵庫県の国立小で いじめ、窃盗、暴力が横行していますが訴えても揉み消しです。
当然先生は子供は研究対象なので何も対処しません。たてつけば退学を促してきます。先生からの暴言、体育の授業の際にわからないように体罰。関わるのが嫌になり中学受験転校してもわざわざ学校に電話してきて「転校してきて迷惑だと転校先の学校から苦情が出ています。」と算数の教科書を編成されている先生ですが電話してこられる始末です。運よく祖父が学校に勤めていたので附属小が嘘だとわかったのですが・・学校の先生が未熟な場合もあります。
嫌な学校は辞めて正解です。子供は変な大人には勝てませんから・・・
井上浩一容疑者の生い立ちや家族のコメントなどは次の記事に続きます(続く・・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました