Twitterで話題

石戸谷明アパート「数年前から天井裏に切断遺体隠し!執行官は気が付かなかったのか」草加市

石戸谷明容疑者の顔画像Twitterで話題
石戸谷明容疑者の顔画像

2020年11月4日、石戸谷明(いしとやあきら)容疑者が死体遺棄の容疑で逮捕されました。石戸谷容疑者は数年前に亡くなった父親の遺体を切断し、草加市内にあるアパートの天井裏に隠していたとのこと。

この記事では石戸谷明容疑者が父親の死体を遺棄していた草加市のアパートの情報などを画像や関係者の証言を交えまとめます。なお情報は随時、追記・更新されます。
https://marudedameko.com/zeebra-hurin/

石戸谷明「父親の死体を遺棄したアパートが大島てる事故物件サイトに掲載」

草加市内のアパートに切断した父親の死体を遺棄していた石戸谷明(いしとやあきら)容疑者。石戸谷明容疑者が天井裏に死体遺棄をしていたアパートの画像がこちらです。

父親の遺体を切断して遺棄した石戸谷明のアパート画像

父親の遺体を切断して遺棄した石戸谷明のアパート画像

石戸谷明容疑者が死体を遺棄したこのアパートについては事故物件を扱う大島てるさんのサイトにも掲載されていました。

石戸谷明事件に関する大島てるサイト画像

石戸谷明事件に関する大島てるサイト画像

2019/05
埼玉県草加市花栗4丁目16-1-12
死体遺棄
投稿年月日:令和2年11月4日
石戸谷明容疑者の証言によれば、数年前に亡くなった父親の遺体を天井裏に遺棄していたとのことですが、大島てるさんの事故物件サイトの事故日は「2019年5月」となっていますね。情報のソースがわかりませんがこれによれば石戸谷明容疑者のお父さんが亡くなったのは2019年5月なのでしょうか。
(追記)
警察関係者からの情報で、石戸谷明容疑者が父親の死体を切断し、天井裏に遺棄したのは2019年5月だったということが判明しました。

石戸谷明「アパートが競売にかけられ死体隠し」

石戸谷明容疑者の関連画像

石戸谷明容疑者の関連画像

父親の遺体を自宅アパートの天井裏に遺棄して逮捕された石戸谷明(いしとやあきら)容疑者。事件が発覚したのは11月2日。草加市の市役所の役員が、石戸谷明容疑者の父親と数年間面会できていないと警察に通報し事件が発覚しました。

石戸谷明顔画像

草加市内のアパート天井裏に父親の遺体を遺棄した石戸谷明容疑者の顔画像

石戸谷明容疑者の顔画像

草加市の自宅アパートに亡くなった父親の遺体を隠し逮捕された石戸谷明(いしとやあきら)容疑者。石戸谷明容疑者の顔画像がこちらです。

石戸谷明容疑者の顔画像

石戸谷明容疑者の顔画像

石戸谷容疑者は色白で細身、髪の毛は後退しているのがわかります。

 

石戸谷明が起こした死体遺棄事件の概要

石戸谷明容疑者の関連画像

石戸谷明容疑者の関連画像

高齢の父親の死体の一部を切断し、草加市内の自宅アパート天井裏に遺棄して逮捕された石戸谷明容疑者。石戸谷あきら容疑者の起こした死体遺棄事件の概要は以下の通りです。

2020年11月3日、石戸谷明(いしとやあきら)容疑者は埼玉県警草加署に「死体遺棄」などの容疑で逮捕された
石戸谷明容疑者は数年前に亡くなった父親の死体を草加市の自宅アパートに遺棄。その後2019年5月に下半身の一部を切断し天井裏に遺棄した
警察関係者からの情報によると石戸谷明容疑者は父親が亡くなった際「年前に父が亡くなり、(自分が犯人だと疑われるかもしれないと思い)おっかなかったので通報できなかった」と供述している
2019年5月、父親名義のアパートが競売にかけられることが決定し、執行官などの視察に備え死体を隠そうとしたが天井裏に入らなかったので下半身の一部(両脚)を切断した
遺体で見つかった石戸谷明容疑者の父親は80代、石戸谷明容疑者は無職のため父親の年金なども不正に受給していたことがわかっている
お父さんが自然死または病死したとして、この息子は55才、無職とあるので
父親の年金目当てに隠蔽しようとしたのか。なんか嫌な世の中になったもんだ。
普通に働いて、得たお金で間に合う生活をする。
そういう昭和の暮らしみたいな質素だけど終身雇用で働いて、最後は年金もらいながら暮らせたら、親の死を隠したり、他人から金品奪う人や詐欺が少なくなるかな。
今の時代の不平等さは頑張りようがない人がいること。頑張ればなんとかなるなら、皆いきいき暮らしてるはず。やたら親の年金で暮らす世帯が多いのはなぜか政府も考えた改革をしないとな。
やった行為は決して許されないが、日本には苦しい中で暮らしている人も多いという現実がわかる事件だね。小泉元総理が実行したことが貧富の差を生んだ結果ともいえるのかな。豪華な客船で世界一周旅行したり国民の税金で超豪華な式を挙げようなんて言う皇族もいる一方で、その日を暮らすのが精いっぱいな多くの人がいる日本。この差どうにかならないものかなあ。
年金詐取目的だろう
しかし、その金の為に育ててくれた親を解体する心理が理解出来ない
解体して年金詐取して罪を重ね日々バレる事に怯えるぐらいなら、普通に救急車呼び、葬式はしないでも火葬して墓がないなら遺骨を自宅に置き、生活保護申請すれば良かったんじゃないのかな
55歳で無職ならそんな事まで考えろと言っても理解出来ないのかもね
本人はどんな気持ちで日々過ごしていたのか?とは思ってしまう。
寝室だったとは限らないとは言えふと上を見るその上にそんなものが有るなんて。。。どれ位処理したかによるが匂いや染み出しとかあったら耐えられんと思うのだが。。。
どんなに損益出しても誰も責任取らない年金制度。たったハガキ一枚送るだけで実地確認もされず年金が毎年送り続けられる。不正受給し放題にさせているのは厚労省と年金機構。国家的詐欺と言ってもいい。年金事務所に設置してある立派なアクリル板はまさか保険料で買ってないよな。

殺人で亡くなったんなら話は変わってくるのかもしれないけど、病気なり自然死だったら 自分の親をそれなりに弔ってやりたい気持ちになるのが普通だと思うけど、、

うちは、つい先日、身内に不幸があって葬式をしたばかり。

どう最期を迎えたか?
亡くなる何日前には どこどこへ一緒に行った などなど
いろいろと話をして 本人にとっては幸せな人生だったねぇ~ なんて思い出話もしたりした。

自分の親が 亡くなった後も そのまま放置されてるって、、どんな気持ちなんだろう。。。

あまり想像したくはないけれど、こういった事件を起こす犯人は他者との係わりや社会への適合が面倒くさくて仕方ないんだと思う。
人体をバラし屋根裏に隠す多大な労力は自分だけで決めて自分のペースでできる。対してどう考えてもそっちの方が楽なはずなのに葬儀の段取りや役所への届け出がイヤでイヤで、放置している間に退っ引きならない状態にーーってのがあるんじゃないかな。
もちろん親の年金目当てってのも間違いないだろうけど。
引きこもりの行く末だとすれば切ない社会になったもんだ。

実の父親を、殺したのかあるいは殺してはいないにせよ、年金や生活給付欲しさに、よく放置しておけたものだと思う。よほど生活に困窮していたのだろうか。

ただこれから、高齢化や就職難やコロナ禍の影響もあって、生活に苦しむ人が増えると、こういう事件も増えるのだろうな

過去には、姥捨山って聞いた事あります。
生活が貧しくて、育てて貰った親を捨てる事と何ら変わりないように思います…
日本も格差社会が広がって貧しく、働きたいが仕事も無い。
もしかしたら、年金目当てだとしても、今後このような事が増えるかもですね!
使い捨て派遣社員など、日本社会から捨てられた感すごくありますよね。
その人達を作った小泉さんは、もっと責任を感じるべきだと思う
同情的に思うと、何らかの理由で親子二人きりで、70歳をこえた父親が病死したため、途方に暮れた55歳の息子が父親の遺体をそのままにしたが、処置に困り天井裏に放置したと読める。
一方で昨今の社会問題として、老齢年金や国民年金制度による生活費の支給が、本人が亡くなることによって遺族への補償が無くなるという点で、このケースでは親の介護のための息子が無職であった場合は生活費などの資金が完全にたたれるという事態になる。仮に持ち家などの財産や資産があれば売却処分でしのげるだろうが、殆どのケースはそうではなく、実質無収入の上ホームレス状態になってします。それを避けたいという心情が働き、父親の死亡届けをためらうことで、この様な状態が発生している。
やはりとうの昔に抜本的な社会保障制度が見直される段階になっているのだろう。
この手の事件は以前からあったが、何か最近は躊躇なく遺体を害する犯罪者が増えているような気がする。
日本人の精神的・倫理的な基軸が変化しているのだろうか。
アパートが競売にかけられ、2019年夏ごろには執行官と不動産鑑定士が石戸谷明容疑者の自宅を訪れています。生ごみでさえ1か月でも放置したらものすごい悪臭になるでしょうに、人の遺体(しかも切断している)が狭い室内にあって気が付かないものでしょうか。その際は警察への通報などされず1年以上たっています。
石戸谷明容疑者と同じアパートに住む住人に現在取材を申し込み中です。情報入手次第追記・更新していきます(続く・・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました