Twitterで話題

重機転落事故の場所や画像「小柴貯油施設跡地の都市公園化に伴う犠牲」横浜市金沢区

重機転落事後が起きた横浜市金沢区の小柴貯油施設跡内にある貯水タンクの画像Twitterで話題
重機転落事後が起きた横浜市金沢区の小柴貯油施設跡内にある貯水タンクの画像

横浜市金沢区の「小柴貯油施設跡地公園」で重機が操縦者を乗せたまま転落するという恐ろしい事故が起きました。この記事では重機転落事故の場所や画像、事故の経緯などについてまとめます。なお、情報は随時追記・更新されます。

梅山了太(りょうた)画像「犯人の警備員は向井理似のイケメン!アルソック写真が盗難」千代田区
2020年8月25日、警備会社アルソックの社員・梅山了太(りょうた)容疑者が千代田区のビルの警備中に盗難を行い逮捕されましたた。この事件によるアルソックには苦情が殺到しているようですが、一方で逮捕された犯人が「俳優の向井理似のイケメン!」と言われ話題になっています。 この記事では千代田区で起きたアルソック警備員による盗難事件の詳細や、梅山りょうた容疑者の顔画像やプロフィール、事件の概要などについてまとめます。 なお、情報は随時、追記・更新されます。

重機転落事故が起きたのは「小柴貯油施設跡地公園」横浜市金沢区

2020年8月25日の夕方、重機転落事故が起きたのは横浜市金沢区の「小柴貯油施設跡地公園」です。

重機転落事故が起きた横浜市金沢区の小柴貯油施設跡地の画像

重機転落事故が起きた横浜市金沢区の小柴貯油施設跡地の画像

この小柴貯油施設跡地は元々米軍基地として航空燃料の設備基地として使用していました。東京ドーム約11個分の広さがあり、2005年に返還された後、横浜市により市民のための「広域公園」に作り替える工事が進められていました。

今回の事故が起こったのはこの公園作りの工事においてです。重機はこの「小柴貯油施設跡地」内にあった地下タンクに落ちたものとみられています。この地下タンク、米軍の燃料タンクとして使用されていたもので直径約45メートル、深さ約30メートルもの巨大な穴です。

重機転落事後が起きた横浜市金沢区の小柴貯油施設跡内にある貯水タンクの画像

重機転落事後が起きた横浜市金沢区の小柴貯油施設跡内にある貯水タンクの画像

こんな大きな穴に乗り物を操縦しながら落ちたと想像するだけで鳥肌が立ちます。被害者となってしまった60代男性はどれだけ恐ろしかったか。地下タンクには土で覆われた蓋があったそうですが崩落しており、重機が蓋をぶち破って更に下まで落ちた可能性が高そうです。

小柴貯油施設跡地公園の重機落下事故現場画像

小柴貯油施設跡地公園の重機落下事故現場画像

地下タンクの穴には雨水など大量の濁った水がたまっています。

 

盗難で逮捕されたアルソック社員がイケメンと話題に!

奈良県中学教師・村上宏志が援助交際で逮捕

Zeebraのゲス不倫発覚!お相手は本気

横浜市金沢区の「小柴貯油跡地公園」で起きた重機転落事故の概要

横浜市金沢区の小柴貯油跡地公園で起きた重機転落事故の概要は以下の通りです。

2020年8月25日、「小柴貯油跡地公園」内の地下タンクに重機が転落した
同日夕方、重機が見当たらないことから別の従業員が「重機が穴に転落したようだ」と通報し事故が発覚
地下タンクに重機ごと転落したのはダンプカー操縦していた60歳の男性
男性は残土の積み上げ作業をしており、ダンプカーで土の運搬を行っていた
警察関係者の証言によると、重機が転落した地下タンクの深さは30mあり、濁った泥水が9メートル分貯まっていることから二次災害の恐れがあり捜索ができていないとのこと。水を抜くなどして捜索する方法を検討中。
地下タンクに転落したとされる男性が運転していたダンプカーは以下のような土を運搬するための重機で、「バックホウ」だということが関係者証言で明らかになりました。
バックホウ画像

バックホウ画像

(追記)

8月28日に排水が完了し、消防団による救助活動が開始されました。事故が起きた地下タンクには救命ボートが下ろされはしごから消防員も降りています。かなり大がかりです。救助隊のすぐそばに見えているのが転落した重機とのことです。

重機転落事故の救助画像

重機転落事故の救助画像

こんな巨大な穴があることを知らなかったのではという報道もあるけど、もしそれが事実だとしたら、こんな危険な作業を予め知らせずに行わせるなんて、依頼先は重大な責任を負わなければならないだろうな
どう見ても1番気をつけなければいけないのは転落に見える現場。安全対策をどこまでしていたのか?早く見つけてあげてほしい。
ただただ恐ろしい。
他にも人が落ちてる可能性もあるのでは?
この盛り土の状況からこの穴の上にふた(スラブ)があって、その上に乗ってを整地してた可能性が高い
下に穴があると認識せず作業してたんだろうな
深さ30メートル。。
とんでもなく深いし、どういう状況での仕事だったのか?穴があるっていうのを認識してるのと、全く知らなかったでは話が変わってくる。
Google Earthで見たけど、この地域穴だらけ。
いくつか蓋して土で埋めた感じの所があったので、これは蓋の上で作業していて、蓋ごと落ちたのでしょうかね。
ところで作業前にそれらの事前注意事項は現場監督者からあったのだろうか。
昨日のニュースの続報ですね。ずっと気になっていました。僅かな望みかも知れませんが、まずは生存しての救出を望みたいところ。ただ、時間も経ちすぎていますので正直難しいかと・・。それにしても、突然できた穴ではないでしょうし、これほどの巨大な穴の近くでの作業において、リスクヘッジはどうなっていたのかと思いますね。無策での作業だったとすれば、被害にあった作業員の方が浮かばれません。
こんな危険な場所だと分かっていたら、さすがにプロですから近づく事は無かったのでは。事前の計画に問題があったはず。会社の責任は重大ですね。
いくら1人で作業をしてたとしても、重機の操作がベテランの方のようだから、そこに穴が有れば落ちないように作業はしていたんじゃ無いかね。
どういう作業をしていたかの詳細が報道されて無いので判らないが、一部報道ではこの大きな穴には蓋がされていて土で隠されてたということのようですね。その蓋に、盛り土をしていたのか?しかも蓋の下に大きな穴があるとも知らずに、その蓋の上に重機で乗ってしまった。そういう事のような気がするけどな。
横浜市が事前に地下タンクがあることやその上の利用制限等を工事仕様書に記載なければ人災ですね。
自分の夫が、父親がこんな事故にあうことを想像したら悔やんでも悔やみきれません。60代で重機の扱いはベテランだったはずの男性が不注意で穴に落ちたとは考えにくい。工事計画にはきちんとこの地下タンクの存在について記載し、注意を促していたんでしょうか?この仕事を請け負っていた建設会社がどこなのか確認中につき追って追記します。
(追記)施工主の建設業者が判明したので別記事にまとめました。

コメント

  1. 太郎 より:

    横浜の金沢区に隣接した地域に居住してるが近くに危険極まる大穴が幾つも有ったなんて驚きに尽きる、国や横浜市の管理責任が問われるね。

    • 赤荻 優赤荻 優 より:

      コメントありがとうございます。
      横浜市が地下タンクの存在を隠していたということではなさそうなので、施工主の危機管理が問われているようですよ。
      責任の所在をはっきりさせないと被害者男性が浮かばれませんよね!

タイトルとURLをコピーしました