Twitterで話題

川田広幸住所特定「ストーカー相談に宇都宮東署の対応が酷かった?」宇都宮陽東4丁目ローソン

川田広幸容疑者が女性を殺害した宇都宮陽東4丁目のローソンTwitterで話題
川田広幸容疑者が女性を殺害した宇都宮陽東4丁目のローソン

2020年8月12日、宇都宮陽東4丁目のローソンにて女性を刺した後自殺した川田広幸容疑者。事件の前にストーカー被害で女性が通報し、宇都宮東署が相談にのっていたことが明らかになっています。

この記事では関係者の証言に基づき、川田ひろゆき容疑者の住所やfacebook画像、プロフィール、事件の概要などについてまとめていきます。なお、情報は随時追記・更新していきます。

稲見勝利(いなみかつとし)顔画像と住所特定「木曽川に妻の死体を遺棄」三重県桑名市
2020年8月12日、三重県桑名市の木曽川に妻の死体を遺棄した容疑で稲見勝利容疑者が逮捕されました。 この記事では関係者の証言に基づき、稲見かつとし容疑者のfacebook、顔画像や自宅住所、事件の概要などをまとめていきます。 なお、情報は随時追記・更新していきます。 (8/13 稲見勝利容疑者の浮気が事件のきっかけと明らかになり詳細を追記しました。)

川田広幸の住所特定「宇都宮市中央」

栃木県宇都宮陽東4丁目のローソンで交際していた女性をストーカー殺害しその後自らも命を絶った川田広幸容疑者。警察関係者の証言により川田広幸容疑者の住所が明らかになりました。

川田広幸容疑者の自宅住所付近の画像がコチラです。

川田広幸容疑者の自宅住所付近の画像

川田広幸容疑者の自宅住所付近の画像

住所:栃木県宇都宮市中央5丁目

単身男性が住むためのアパートなども多くある地域です。

 

 

ポルシェ事故で逮捕された彦田嘉之容疑者「指が2本ない状態で運転!」

山Pと文春砲にスクープされモデル生命をたたれた女子高生モデルの愛子

【本サイト独自入手】中学生にわいせつ行為で4度逮捕された栃木県の中学教師・伊藤直樹の顔写真!!!

川田広幸のプロフィールとfacebook画像

元交際相手をストーカーし、宇都宮陽東4丁目のローソンでカウンター越しに女性を殺害した川田広幸容疑者。川田広幸容疑者のプロフィールやfacebookアカウントの手がかりとなる画像は以下の通りです。

氏名:川田広幸(かわたひろゆき)

生年月日:1979年

年齢:逮捕時41歳

職業:不詳(確認中)

 

「川田広幸」名義のfacebookアカウントは2件。

「川田広幸」名義のfacebookアカウント画像

「川田広幸」名義のfacebookアカウント画像

関係者に確認をとったところこのどちらも今回宇都宮のローソンで殺人事件を起こした川田広幸容疑者のfacebookアカウントではないことがわかりました。

アルファベット表記で「Hiroyuki Kawata」のアカウントは10件、この中に川田広幸容疑者のアカウントがあるか現在確認中につき、情報は随時追記していきます。

川田広幸容疑者のfacebook画像

川田広幸容疑者のfacebook画像

 

川田ひろゆき「コンビニ店員殺害事件」の概要

川田広幸容疑者が交際相手を殺害した宇都宮のローソン

川田広幸容疑者が交際相手を殺害した宇都宮のローソン

交際していた女性が務めるコンビ二(ローソン)に押しかけストーカー殺害し、自らも自害した川田ひろゆき容疑者。川田広幸容疑者が起こした事件の概要は以下の通りです。

川田広幸容疑者による殺人事件が起きたのは2020年8月12日午後4時30分ごろ
川田ひろゆき容疑者が殺害したのは「栃木県宇都宮陽東4丁目」のローソンでアルバイトをしていた女性で元交際相手の本名麻里(ほんなまり)さん
川田広幸容疑者は41歳、被害者女性の本名麻里さんは45歳で2019年の5月から交際をしていたことが警察関係者の調べで明らかになっている
川田広幸容疑者は被害者女性が務める「栃木県宇都宮陽東4丁目」のローソンに押しかけ、カウンター越しに包丁で女性を刺して殺害した。女性は病院に運ばれるがその後死亡
川田ひろゆき容疑者は被害者女性を刺した後、自身の腹を刺し自殺を図った。川田広幸容疑者も搬送先の病院で死亡が確認された
警察関係者の証言によると川田広幸容疑者と被害者の本名麻里さんは別れ話を巡りトラブルになっていたとのこと。
被害者の女性は8月9日「川田容疑者が家に来ると言っていて、怖いので来てほしい」「別れたが、電話やメッセージが来る」などと川田広幸容疑者からストーカー被害にあっていたことを通報・相談していた。更に8月11日にも再度110番し警察に助けを求めていたことが関係者の証言により明らかになっている
栃木県警は2020年8月13日、容疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検した
川田広幸容疑者のストーカー行為に対し、宇都宮東署は被害者女性に「警察ができる具体的な支援策」についてアドバイスを行っていたが、川田広幸容疑者への警告などはしていないことがわかっている

川田広幸による事件が発生した「栃木県宇都宮市陽東4丁目」ローソン

川田広幸容疑者がストーカー殺人を起こした宇都宮陽東4丁目のローソン画像

川田広幸容疑者がストーカー殺人を起こした宇都宮陽東4丁目のローソン画像

川田広幸容疑者が殺人事件を起こした栃木県宇都宮陽東4丁目の地図はこちら。

川田広幸容疑者の自宅がある栃木県中央5丁目から、現場となった陽東4丁目のローソンまで車で10分、電車と徒歩で約30分の距離にあります。

川田広幸容疑者の事件に関する地図

川田広幸容疑者の事件に関する地図

 

おもちゃの紙幣を用意し無銭飲食したシエロエカーこと江口功一とは

川田広幸に殺害された本名麻里さんの画像「4人の子供のシングルマザー」

川田広幸容疑者にストーカーされ、勤務先の「栃木県宇都宮陽東4丁目」のローソンに押しかけられて殺害された本名麻里さんの画像がコチラです。とても綺麗な方で、川田広幸容疑者に固執されてかなりの恐怖を感じていたことと察します。

川田広幸容疑者に殺害された本名麻里さん

川田広幸容疑者に殺害された本名麻里さん

川田広幸容疑者の自宅がある宇都宮市中央5丁目から被害者女性の住む御幸町までは車で10分程度。川田広幸容疑者は本名麻里さんと別れた後も頻繁に女性の自宅に押しかけていたようです。
(8/14追記)
関係者の証言により川田広幸容疑者に殺害された本名麻里さんが4人の子供を持つシングルマザーであることが判明しました。肝っ玉母さんのようにすごくサバサバしている女性で川田広幸容疑者に対してもきっぱりと別れを告げていたようです。まだ小学生のお子さんもいるというのに何故こんな悲劇に巻き込まれなければならなかったのか。防ぐ手立てはなかったのでしょうか。
一時停止違反を捕まえるためにパトカーで同じ路地をぐるぐる回ってる警官を一人でも着けてたら守れた
警察に相談しても意味がないような気がする。何か事がおきなければ入れないようやし。
じゃどこへ相談すればいいのかな?テレビで色々教えてくれないかな?助けを求める人達、皆にわかるように。
怖いから助けて欲しいと相談があるって事は、彼氏側は暴力やDVをするような男だったって事?それかプライドが高すぎたのか?分からないけど、怖いから来て欲しいっていう相談があったなら親身になってあげればよかったのに。誰かが亡くなってからじゃ遅い。
しかも、今回は彼女が刺され、亡くなった上に彼氏側も亡くなってしまった。
守れた命かもしれないのに…と思う。
警察は何を業務にしているのか不明の記事。一体何をしていたのか。このような場合、不作為(業務怠慢)の不法行為として処罰する法律が必要ではないか?。同様のことは、いじめに関する児童相談所、学校、教育委員会、行政機関等の怠慢な行為(不作為)が多数ある。改善しなければ、役人天国で、社会が劣化する。
米欧の警察は今では「犯罪予防」に仕事の重点を置いているが、日本の警察は相変わらず「犯罪が起きてから」が仕事の始まり。1999年(だったか)の桶川ストーカー殺人事件が契機となってストーカー規制法もできたというのに、日本の警察は考え方が相変わらず古い。その根底には、犯罪を予防しても現場警察官の査定は上がらず、犯罪者を逮捕すれば査定がダダ上がりするという警察組織の体質がある。ここを変えないと、これから先もずっと日本の警察は「人が殺されてからやっと動く」組織であり続けると断言できる。
で、警察に相談して無くてこんな酷い事件が起こっても警察に相談無かったとか言うんでしょ。動かない警察、県内で殺人事件起こってるけど全く進展無し、、犯人探しはしているのかな、、。なんか、、悲しい。
被害者女性が事前に複数回警察に相談を入れたいた上で起きてしまった事件ということで、警察への厳しい意見も多くあがっています。

川田広幸に殺害された女性がストーカー被害を相談していた「宇都宮東署」の評判が悪すぎる

川田広幸容疑者に自身が勤務する宇都宮陽東4丁目のローソンにまで押しかけられて殺害されてしまった本名麻里さん。事前に何度も警察に助けを求めていたにも関わらず殺害されるに至ってしまいまいした。関係者より、今回の事件で被害者女性が相談をした「宇都宮東署」が適切に対応をしていなかった可能性が高いとの情報が入りました。

詳しい情報は確認の上追記しますが、ネット上の「宇都宮東署」の口コミの評判が悪すぎるのが気になります。いくつか内容を紹介します。

川田広幸容疑者からのストーカー被害について女性が相談をしていた宇都宮東署の口コミ

川田広幸容疑者からのストーカー被害について女性が相談をしていた宇都宮東署の口コミ

加害者車両に生身でガードレールに押し潰されたというのに、ここの交通課は対物事故で退所しようとしました。物と物の間に人間が間に押しつぶされています。起き上がれずうつぶせに、もしかして仕事を増やしたくないんですか?と聞いたら二ヤ~と笑った。面倒なんですねと尋ねたら無言。警察官は使命感で仕事していると思っていたが、所詮はこの程度だと分かりました
数年前ですが、詐欺にあい相談しに行ったところ「(犯人に)詐欺をしました」と自供させてその証拠(録音か直筆の文章、最低でも相手からのメール)を得てから来て下さいと追い返されました。被害情報だけでは動けないと。。泣き寝入りです。
☆は1つの価値もなくマイナスです。何か起きてからじゃないと動かない警察ならまだマシ。何か起こっても動かない警察です。日本でも有数のクズ警察なんじゃないでしょうか。
ここの管轄は犯罪者天国だと思いますよ。
とにかく対応が悪い。愛想までは求めないが、上から目線の物言いが目立つ。車庫証明申請書類に際し、「不備があると恥を書くのはこっちなんだよ。」ってセリフ思ってても口に出す必要は無
落し物で訪問しましたが、応対が悪く残念です。たしかに落としたことは自分が悪いのですが。入ってすぐにカウンターにいたおばさん(おそらく他の方が言ってる免許更新の人)に話をしたのですが、それを担当に詳しく伝えず丸投げし、もう一度同じ話を1からする事になりました…落とした店から話は行っているはずなのに、待たされ、1から話をし(落とした日時、物の特徴など細かく)…警察署なのに、報連相が出来ていなくて不信感しか残りませんでした。評価も低くて納得、といった感じです。最寄りの警察署がこのようで残念です。
岡崎警察署でこちらの方で被害届を出せると聴いていたのですがここの自らをxxと名乗る刑事、最初はその話は伺っていると言っておいて、話を聞いたのちに被害届を出すには起きた場所の住所と日時が分単位で必要だ。元々岡崎警察署からの話は聞いていないと言い出し被害届を出させてもらえなかった。
何十回も通報しても見にも来なきゃ注意もしない最低な所です。市民の安全なんか守りませんからw110番してもうざがられ早く切りたいオーラ丸出しの対応、通報して向かわせますって言ってもパトカーなんか来ませんよ。2年前から路駐が酷く通報してたんだが1度も電話で注意する訳でもなく見に来るわけでもないですからね!結局自治会の人と言いに行ってお相手のお方が謝りに来ましたが警察からの連絡なんて一切なかったと言われましたからね…。市民の税金使って仕事してんだから市民の安全をきちんと守ってもらいたいですね
川田広幸容疑者に殺害された本名麻里さんが相談をしていた「宇都宮東署」に対してのgoogleの口コミは2020年8月13日現在、46件の口コミが書かれています。そのほとんどが「宇都宮東署」の対応を酷評するもので総合の評価は星1.7とかなり悪いものになっています。
栃木県警は「本名さんにはアドバイスをするなど適切に対応しており、問題はなかったと考えている」としていますが、口コミを考慮すると宇都宮東署が本名麻里さんの悲痛な相談に対し親身になっていたとは考え難いと思ってしまうのは私だけでしょうか。
実際の宇都宮東署の対応について現在関係者から情報を確認中、次の記事に続きます。

コメント

  1. 通行人 より:

    2014年ごろまでは夫婦でホームパーティーする写真も多いが最近はないね

    • 赤荻 優赤荻 優 より:

      コメントありがとうございます!
      ブログの情報も最近は更新されていなかったようです。
      夫婦間のトラブルなどについては引き続き確認していきます。

タイトルとURLをコピーしました