Twitterで話題

小林麻耶降板理由「ジェムリンガ(子宮系スピリチュアルグッズ)の購入を勧誘していた!」画像

グッとラックを降板になった小林麻耶の画像Twitterで話題
グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

11月11日付けで木曜コメンテーターを務めていたTBS「グッとラック!」を降板になった小林麻耶さん。小林麻耶さんは「子宮系スピリチャル」に酔心していましたが、テレビ局内でも子宮系スピリチュアルグッズの「ジェムリンガ」の購入を勧誘していたことがわかりました。

この記事では小林麻耶さんと「子宮系スピリチュアル」との出会いや、スタッフ等にも勧めていたという「ジェムリンガ」について画像や関係者の証言を交えまとめます。なお情報は随時、追記・更新されます。

小林麻耶降板きっかけ動画「トランプ擁護発言or子宮系スピリチャル酔心による情緒不安定か」
タレントの小林麻耶さんが、出演していたTBSの情報番組「グッとラック!」を降板させられていたことが明らかになりました。 この記事では小林麻耶さんが「グッとラック!」を降板となった経緯や、理由などを関係者の発言や画像・動画を交えまとめます。なお情報は随時、追記・更新されます。

小林麻耶「子宮系スピリチュアルとの出会いから酔心まで」経緯

グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

突然「グッとラック!」を降板させられたものの、そのことを爆笑しながらYoutube配信するという奇行でお茶の間をザワザワとさせている小林麻耶さん。小林麻耶さんが明らかに精神状態がおかしい様子の動画はこちらの記事にまとめてあります。

小林麻耶降板きっかけ動画「双極性障害だよね、怖すぎ!」

 

小林麻耶「子宮系スピリチュアル酔心のきっかけは妹麻央の癌発覚」

小林麻耶さんの降板理由についてはいくつか憶測が出ていましたが小林麻耶さんが主張していたようないじめはなかったことがわかっています。番組にもお世話になった生島企画室にも砂をかける形でテレビの世界から去ろうとしている小林麻耶さん。小林麻耶さんがおかしくなっていったのは「子宮系スピリチュアル」に酔心していたことだと多くのメディアが報じています。

小林麻耶さんと怪しい詐欺集団(?)「子宮系スピリチャル」との出会いは何だったのでしょうか。

子宮系スピリチュアルビジネスに酔心してテレビからほされた小林麻耶さんの画像

子宮系スピリチュアルビジネスに酔心してテレビからほされた小林麻耶さんの画像

この画像は2015年10月に開かれたスピリチュアル系イベントで撮られた写真です。前列左から2番目でピースをしているのが小林麻耶さんです。その他のやばいスピリチャル軍団の簡単な説明は以下の通り。

Happy(前列一番左)・・事前に企画ありきで”引き寄せたことにした”「引き寄せ本」で引き寄せ界のカリスマとして一世風靡した方。周りの人とのトラブル多数、壱岐等で「縄文際」というやばいイベントを開催するなどして問題になり前田紗智に改名。

佐藤みつろう(後列右から3番目)・・首里城や伊勢神宮の敷地でみんなで祈るイベントや弾き語りを行っていた

心屋仁之助(前列右から2番目)・・子供を虐待してしまうことに悩んでいる母親に「虐待される子は自分で虐待される人生を選んで生まれた」という趣旨の発言をして炎上を起こした自称心理カウンセラー

東日本大震災が起きた2011年3月以降「本当の幸せとは何か」など精神世界に興味を持つ人が増えたため「引き寄せの法則」や「心のままにわがままに生きたほうが上手くいく」などのスピリチュアルが流行りました。
女性が興味を持ちやすいジャンルではありますが、小林麻耶さんも例外ではなかったよう。妹の麻央さんの癌がみつかったのが2014年2月。心の拠り所を精神世界に求めていたのでしょう。
ちなみに2015年7月に発売されたFRIDAYでは1人で散歩しているにも関わらず満面の笑みの小林麻耶さんの姿が掲載されすでに精神状態がやばいのではないかと言われていました。
グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

小林麻耶「パニック障害で休養中に子宮系スピリチュアルに酔心」
妹麻央さんの癌が見つかり、現実を受け止めきれなくなった小林麻央さん。2016年5月19日に出演しいたフジテレビ「バイキング」の生放送中に体調不良を訴えそのまま休養に入りました。実家に引きこもっていたという小林麻耶さんはこの時期に子宮系スピリチュアルなどに酔心していったようです。
グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

写真は子宮系スピリチュアルの教祖・子宮委員長はるさんの元旦那・岡田哲也さんと二人の間に生まれた子供です。2人は既に離婚していて子供は岡田さんが育てています。子宮委員長はるさんは元風俗嬢で「子宮の声に正直に生きる」ことで開運するという単なるフリー〇ックスを推奨している人なんですが、真面目過ぎる女性の心には響くものがあったようで一時期は多くの信者がいたようですね。

 

小林麻耶「妹麻央の死後も子宮系スピリチュアルを心の拠り所に」
グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

妹の麻央さんが乳がんで亡くなったのが2017年6月。死後5日後には海老蔵家族と共にディズニーランドにいたと目撃情報が拡散され批判の的になりましたが真相はわかっていません。最愛の妹を亡くしても気丈に振舞っていた小林麻央さんは、その後もスピリチュアルにはまりつずけ翌年2018年11月には書籍「しなくていい我慢」を発売しています。

小林麻耶の書籍「しなくていい我慢」の書籍画像

小林麻耶の書籍「しなくていい我慢」の書籍画像

帯には「本当につよい人は、つよがったりしない」とありますが・・・TBS「グッとラック!」を降板になり生島企画室からも契約解除されたにも関わらず爆笑していたあの様子は強がり以上の何なのでしょうか。こうやってブレブレになってしまうのも偽スピリチュアルにはまりこんでしまった人にありがち。皮肉ですよね。

小林麻耶「グッとラック降板を爆笑しながら報告」動画

 

小林麻耶さんはこの書籍の出版にあたり自称心理カウンセラーの心屋仁之助さんに自身のブログにて感謝のメッセージを送っています。

グッとラックを降板になった小林麻耶のブログ画像

グッとラックを降板になった小林麻耶のブログ画像

ぢんさんこと心屋仁之助様
本のご紹介、ありがとうございます。
心屋仁之助さんに出逢い
試行錯誤し、挑戦を繰り返し、
頑張ることをやめられましたーーー!!
無理することをやめられましたーーー!!
いい子でいることをやめられましたーー!!
時々は昔の名残が出てきますが気づけるだけマシですね!
自分を勝手に自分で縛っていたものが解けました。
ありがとうございます。

その後も心屋仁之助、Happy、子宮委員長はるなどの開催するイベントに出演するなどして親交(信仰?)を深めていったようです。

グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

小林麻耶が周囲に勧めていた子宮系グッズ「ジェムリンガ」

子宮系スピリチュアルなどのとんでも自己啓発にはまりこんでいった小林麻耶さん。小林麻耶さんがテレビ局内などで女性に勧めていたという子宮系グッズが「ジェムリンガ」という代物。見ての通りパワーストーンが5つほど連なっているだけの棒です。

ジェムリンガの画像

ジェムリンガの画像

驚きなのがその使用方法、これを女性の膣に挿入すると体調が良くなったり、運気がアップすると小林麻耶さんを始めとした子宮系スピリチュアル信者の中で一時期流行っていました。元々は子宮系スピリチュアルの教祖的存在である元風俗嬢のはるさんがブームの火付け役。

股が冷えて固かったら、良質なお金は稼げないよ。諭吉って男なんだよ
既にブログは削除し、名前も「八木さや」に改名して活動しているはるさんですが女性に特化した子宮系スピリチュアルを展開するなかで生まれたグッズです。この方は女性器の声が聞こえる霊能者として活動していた時もあり、その頃は「御まん託」なるものを1回30万円で売りつけていました。
子宮委員長はるの御まん託画像

子宮委員長はるの御まん託画像

あなたの女性器を表すイメージ
ダイアモンド、輝きも意思の強さも世界一を持っています。
時に残酷で、時に太陽の光のように暖かく、その存在は一度見つけられたら、誰もがほおっておきませんし、隠れても見つかります。今、才能を発揮する時です、目覚める時です。あなたの女性器から一言
一緒に生きたい。
今までもこれからも。
何なんですかね、一言もコメントが出てこない状態に陥ってしまいました。30万払ってこの内容が送られてきて満足ならもうそれは他人が口を挟むことではないでしょうが・・。現実から目を背けて短絡的に楽になりたいという欲求が勝つとこういう明らかな詐欺のようなビジネスにもひっかかってしまうんでしょうね。藁をもすがりたいときは誰にでもありますからね。しかしいくら洗脳されきっていても「ジェムリンガ」を膣に入れると運が良くなる・・訳ねーだろ!!ってなりませんか?
ジェムリンガの画像

ジェムリンガの画像

こんな単価100円するかしないかのような品が2~3万でバカ売れしていたと思うと、日本の未来が思いやられます。日本の女性たちしっかりしてください。
※ちなみに「ジェムリンガ」については高須クリニックの高須克也さんが「腹膜炎起こすぞ!すぐにやめなさい」とTwitterで注意喚起していた他、複数の医師が危険だと警告しています。

小林麻耶「子宮系イベントには参加していません」と嘘

TBS「グッとラック」を降板になった小林麻耶さん。生島企画室からも事実上のクビとなりテレビで見ることはなくなりそうな予感ですが・・その理由が小林麻耶さんが子宮系スピリチュアルに酔心しすぎた上に、広告塔の役割をしていたことに大きな要因があるようです。

グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

2018年7月に現在の夫・國光吟氏と「交際0日婚」をした小林麻耶さんですが、旦那さまと出会ったのもスピリチュアル系のイベントだったとのこと。既に子宮系スピリチュアルの広告塔の存在になっていた小林麻耶さんですが、自身のブログでそのことを否定しています。

グッとラックを降板になった小林麻耶のブログ画像

グッとラックを降板になった小林麻耶のブログ画像

ネットで夫との出会いが2年前?の子宮系イベントということになっている記事があるそうなのですが…事実 無根 です。義父母や義祖母が嘘ばかり書かれてとてもとても心配していてそんな気持ちにさせてしまうのが本当に悲しいので今回、ブログに書かせていただきました。子宮系のイベントには夫婦共々、参加していません。また、夫と妹は、会っていません。どうか、よろしくお願い申し上げます
子宮委員長はるさんやその界隈の人物と撮っている写真もたくさん残っていますし、何故こんなわかりやすい嘘をついたのでしょうか。義父母、義祖母以上に、実のご両親が現在の麻耶ちゃんの状態を心配しているはずなので早く元の素敵な女性にもどってもらいたいです。

小林麻耶「ジェムリンガ使ったら肌が綺麗になった」後輩に勧める

グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

グッとラックを降板になった小林麻耶の画像

怪しい子宮系スピリチュアルにはまりこみすぎ「グッとラック」を降板、テレビからこのまま消えていきそうな予感のする小林麻耶さん。先ほど紹介した「ジェムリンガ」をテレビ局の女性スタッフに勧めていたことが判明しました。

取材によれば小林麻耶さんがジェムリンガにはまっていたのは2015年の冬頃。丁度「ブリカマぶるーす」を発売し、本人的には絶好調だったときでしょう。ある局の女性スタッフが「まやさんお肌すごく綺麗~、どんな化粧品を使っているんですか?」と聞いたところ返ってきた答えが「ジェムリンガ」だったとのこと。

ということは小林麻耶さんもジェムリンガを実際に使用していたとのことですよね・・

 

 

子宮系とさえ出逢わなければただのぶりっこでずっと人気だったはずなのに・・怪しい子宮系スピリチュアルの実態や教祖たちの現在については次の記事に続きます・・(続く)

宝塚市のペットサロン「ペットハウスRISA」がプードルをはさみで刺し殺す

インスタで「Hが好き」殺害されたミセスコンファイナリストの古川葉子さん

コメント

  1. - より:

    日本の女性たちしっかりしてください ?
    ほとんどの女性はそんなのに騙されません。日本人女性全員が間抜けみたいな言い方やめてください。

タイトルとURLをコピーしました