Twitterで話題 ヤマト運輸北鈴蘭台センター「筧真一による従業員殺害事件」

大崎恭史「荷物の扱いが雑だと言っただけでこんなことになるとは・・」ヤマト運輸

ヤマト運輸関連画像Twitterで話題
ヤマト運輸関連画像

10月6日の早朝、ヤマト運輸北鈴蘭台センターにて筧真一容疑者から命を狙われた大崎恭史さん。その後の警察の取り調べで筧真一容疑者が事件の前日に大崎恭史さんから荷物の取り扱いについて注意を受けていたことが明らかになりました。この記事では刃物で切り付けられる被害を追った大崎恭史さんのプロフィールや大崎恭史さんが巻き込まれた事件の概要を関係者の証言を交えまとめます。なお情報は随時、追記・更新されます。

大崎恭史「荷物の扱いが雑だと言っただけでこんなことになるとは・・」ヤマト運輸
10月6日の早朝、ヤマト運輸北鈴蘭台センターにて筧真一容疑者から命を狙われた大崎恭史さん。その後の警察の取り調べで筧真一容疑者が事件の前日に大崎恭史さんから荷物の取り扱いについて注意を受けていたことが明らかになりました。この記事では刃物で切り付けられる被害を追った大崎恭史さんのプロフィールや大崎恭史さんが巻き込まれた事件の概要を関係者の証言を交えまとめます。なお情報は随時、追記・更新されます。

大崎恭史さん「筧真一より8年先輩のヤマトパート従業員」

筧真一容疑者に刃物で切り付けられるも左手の甲に軽傷を負っただけで済んだ大崎恭史さん。大崎恭史さんと筧真一容疑者が務めていたヤマト運輸北鈴蘭台センターの画像はコチラです。

大崎恭史さんが筧真一容疑者に切り付けられたヤマト運輸神戸北鈴蘭台センターの画像

大崎恭史さんが筧真一容疑者に切り付けられたヤマト運輸神戸北鈴蘭台センターの画像

普段は従業員と荷物の配送者だけが出入りするような静かな場所ですが、壮絶な事件のあとはシートがかけられるなどがらりと雰囲気が変わっています。

筧真一容疑者が殺傷事件を起こしたヤマト運輸北鈴蘭センター台の画像

筧真一容疑者が殺傷事件を起こしたヤマト運輸北鈴蘭センター台の画像

大崎恭史さんは60歳で筧真一容疑者よりも丁度1まわり年上。ヤマト運輸北鈴蘭台センターでパート従業員として早朝の荷物の仕分け作業をしていました。働き始めたのは2010年、筧真一容疑者がヤマト運輸に採用されたのは2018年7月ですから大崎恭史さんは8年ほど先輩だったことになります。

筧真一容疑者や殺害された広野真由美さん同様、この近辺に住み毎朝4時頃ヤマト運輸に自家用車で通っていました。

迷惑自転車で有名な成島明彦が2度目の逮捕で実刑決定!

大崎恭史さん「事件前日に荷物の取り扱いが雑と注意」

ヤマト運輸関連画像

ヤマト運輸関連画像

大崎恭史さんと筧真一容疑者が勤務していたヤマト運輸では荷物の乱暴な取り扱いがSNSで拡散され問題になったことがあります。荷物に関するクレームが少なくないため大崎恭平さんを始めとした鈴蘭台センターのスタッフは荷物の取り扱いに気を付けていたそう。

 

倉庫での仕分けは雑。コンベアでがんがん荷物が流れてくるので、速さを重視。ビン割れ・誤って荷物踏みつけも日常(元ヤマト従業員コメント)

 

しかし元来より大雑把な性格の筧真一容疑者。荷物をドンっと投げるように置いたりすることが多く、社員スタッフからも何度か注意を促されていました。事件があった前日も荷物を床に滑らせるなどしていた筧真一容疑者を見かねた先輩スタッフでもある大崎恭平さんが「荷物の取り扱いが雑だ」。特にきつい言い方をした訳でもなく、直してくれれば良いと坦々とした口調で伝えたそうです。しかしプライドを傷つけられ激高した筧真一容疑者と小競り合いに。そのとき仲裁に入った広野真由美さんが翌日めった刺しで殺害されることになってしまいました。

 

 

大崎恭史さん「刃物持った筧真一を発見し逃げ回る」

筧真一容疑者が殺傷事件を起こしたヤマト運輸神戸北鈴蘭センターの画像

筧真一容疑者が殺傷事件を起こしたヤマト運輸神戸北鈴蘭センターの画像

事件当日の2020年10月6日午後4時頃、いつも通り車でヤマト運輸へと出勤した大崎恭史さん。出勤した際は何も変わったことはなく仕事にとりかかろうと準備をしていました。そこに同僚で同じくパート従業員の広野真由美さんが到着。車を降りたところを待ち伏せしていた筧真一容疑者が思い切り刃物で何度も刺したそう。悲鳴が聞こえた方をみると血だらけの包丁を持ってこちらを見ている筧真一容疑者の姿が。

大崎恭平さんは慌てて倉庫の奥に逃げ込もうとしましたが、筧真一容疑者が別の従業員の車で追いかけてきて車内から刃物を振り回し左手の甲を切りつけられてしまいます。既に110番通報していたことからサイレンの音で筧真一容疑者は逃走し、命を取り留めましたが・・。「もしも広野真由美さんよりも後に到着していたら自分が殺されていたかもしれない」事件後も大崎恭平さんに襲う恐怖は尋常ではありません。

その後地検に送検される車の中で筧真一容疑者は笑顔でピースサインをしています。ヤマト運輸サイドの対応にも問題しする声があがっています。情報は更新していきます。

筧真一笑顔でピースサイン画像

筧真一に殺害された広野真由美さんプロフィールなど

コメント

タイトルとURLをコピーしました