Twitterで話題

志田勇太郎顔画像と自宅住所特定「元警察官が介護に疲れプリンターコードで絞殺未遂」神奈川県横浜市

介護疲れから殺人未遂をおかし逮捕された元警察官の志田勇太郎容疑者の画像Twitterで話題
介護疲れから殺人未遂をおかし逮捕された元警察官の志田勇太郎容疑者の画像

2020年8月17日、元警察官の志田勇太郎容疑者が殺人未遂の容疑で逮捕されました。志田ゆうたろう容疑者は叔母の介護疲れからプリンターのコードで絞殺しようとしたとのこと。この記事では神奈川県横浜市の元警察官の志田雄太郎容疑者のプロフィールや顔画像、自宅住所及び事件の概要などについて関係者の証言を交えながらまとめていきます。なお、情報は随時追記・更新されます。

末益涼雅(すえますりょうが)自宅住所と画像特定「連れ子が邪魔で虐待」福岡県中間市
2020年8月17日末益涼雅(すえますりょうが)容疑者が妻の連れ子に虐待をはたらき逮捕されました。 この記事では関係者の証言に基づき、末益涼雅容疑者の画像や福岡県中間市にある自宅住所、事件の概要についてまとめていきます。 なお、情報は随時追記・更新します。

志田ゆうたろうの画像とプロフィール「元警察署長」の経歴も!

元警察官ながら介護疲れを理由に叔母を絞殺しようとし逮捕された志田ゆうたろう容疑者。志田勇太郎容疑者の顔画像やプロフィールは以下の通りです。

志田勇太郎容疑者が現役警察官だったころの画像がこちらです。

介護疲れから殺人未遂をおかし逮捕された元警察官の志田勇太郎容疑者の画像

介護疲れから殺人未遂をおかし逮捕された元警察官の志田勇太郎容疑者の画像

2019年に56歳で泉警察署の署長に就任した志田ゆうたろう容疑者。元同僚によると志田雄太郎容疑者はとてもまじめで市民からの信頼も得ていたとのこと。真面目すぎるがゆえに介護で追い詰められてしまったのでしょうか。

志田ゆうたろう容疑者が署長を務めていた神奈川県横浜市の泉警察署は以下の場所にあります。志田勇太郎容疑者が殺人未遂をおかした自宅がある横浜市緑区からも車で45分くらいの位置。

連れ子に重傷を負わせたとび職!末益涼雅の画像

志田優太郎のプロフィールと家族構成

殺人未遂で逮捕された元警察官の志田勇太郎容疑者の画像

殺人未遂で逮捕された元警察官の志田勇太郎容疑者の画像

横浜市緑区の自宅で叔母を絞め殺そうとして逮捕された志田ゆうたろう容疑者。関係者からの情報に基づく志田勇太郎容疑者のプロフィールと家族構成などは以下の通り。

氏名:志田勇太郎(しだゆうたろう)

生年月日:1954年

年齢:逮捕時66歳

職業:無職(元警察官)

居住地:神奈川県横浜市緑区中山3丁目

家族構成:妻と叔母の3人暮らし

志田ゆうたろう疑者は神奈川県警の泉署長の他、刑事部組織犯罪分析対策本部の暴力団対策課長や国際捜査課長などを務めた優秀な警察官であったことが関係者の証言により明らかになっています。

暴力団対策課長を任されるだけあって志田勇太郎容疑者は身長が180cm近くあり大柄でかなり眼力も鋭く頼もしい感じがする一方、この迫力で首を絞められるところを想像すると怖すぎます。

志田勇太郎容疑者の住む横浜市緑区付近の画像です。志田ゆうたろう容疑者は横浜市内の閑静な住宅街で妻と暮らしていましたが叔母の骨折をきっかけに2020年8月4日から介護をしながら3人で暮らしていたそう。

志田勇太郎「元警察官が起こした殺人未遂」事件の概要

絞殺未遂で逮捕された元警察官の志田ゆうたろう容疑者の画像

絞殺未遂で逮捕された元警察官の志田ゆうたろう容疑者の画像

横浜市の元警察官、志田ゆうたろう容疑者が介護疲れにより起こした殺人未遂事件の概要は以下の通りです。

志田勇太郎容疑者は2020年8月16日に神奈川県緑署に逮捕された
元警察官の志田ゆうたろう容疑者は8月16日の午後9時ごろ、同居していた102歳の叔母の首をプリンターで絞めて殺害しようとした
志田勇太郎容疑者は叔母の首をしめてから約45分後の午後9時45分、「叔母の首を絞めました」と自ら110番通報した
被害者で志田雄太郎容疑者の叔母にあたる女性は事件当時ベッドであおむけに倒れていて、県内の病院に搬送された。命には別条がないことが関係者の証言で明らかになっている
志田勇太郎容疑者は警察の取り調べに対し「介護に疲れてしまった」と容疑を認めている
志田勇太郎容疑者の元部下だった女性によると「(志田ゆうたろう容疑者は)普段からとても優しくて殺人未遂を犯すような人には到底思えずびっくりしている」とのこと。確かに、叔母である女性は命に別状もなかったようで志田勇太郎容疑者が本気で力を込めて首を絞めていないことが推測できます。警察に自首しなければ家族間のトラブルで解決した話かも・・・元警察官故の強すぎる正義感ゆえに自分を許せなかったのでしょうか。
102歳の老人の介護、自分の親の介護でさえ辛く苦しいものですが、叔母なんてほぼ他人ですからね・・。身寄りもない状態で骨折してしまい身動きがとれなくなった叔母さんを放っておくこともできなかったのでしょう。
とはいえ叔母と一緒に暮らし始めてから事件が起きるまでの期間はたった12日、12日間の介護くらいで疲れて殺してたら人口が半減してもおかしくありません。カッとなってとっさに手が出てしまうのは暴力団組員相手に仕事をしていた名残でしょうか。その際手ではなくてプリンターのコードを持ち出すあたりがリアルで怖い。
横浜市の元警察官、志田ゆうたろう容疑者

横浜市の元警察官、志田ゆうたろう容疑者

警察に連行される志田勇太郎容疑者、疲れている様子はなく毅然とした態度だったのが印象的です。
なんか切ないなぁ。実の親じゃ無くて叔母、責任感のある方だったのかなと。。
周りを頼るようにして欲しいですね。。。
この人は現職の時も責任感のある男気溢れる警察官だったのではないだろうか。
叔母の介護か、それも102歳。複雑だ。
実の親でもないのに、介護義務があるのでしょうか。誰かに任せることができればよかったのですが、難しいですよね。骨折して体が不自由でも口や頭がしっかりしていれば、入所拒否もできるし、ワガママも言い放題だったかもしれません。介護の辛さって時間じゃないんだよね。もちろん期間が長いほど苦しい想いも増えるんだけど、数時間でも数分でも、介護は辛い。しかも、身内と言えど叔母って言うのが…
102歳で首絞められても生きている。なんと凄い生命力か?警察署長を許してください。
真っ先に浮かぶのは、なぜ介護施設へ入れなかったのか。と思うが、そう簡単な話ではないですよね。102歳でも脳がしっかりしていれば入所拒否もするだろうし。でも身体は不自由なので結局介護が必要。しかも母ではなく祖母。なんかやるせない事件だな。
魔が差してやった事は賛同できないが、根本的に律儀で優しくなければ叔母の面倒までみれないですよ!親の介護も大変なのにね!私も親の介護をしているが、きれいごとでは務まらないですよ!やった事は褒められないが気持ちは痛いほどわかります!経済的にゆとりがありいくらでもお金がかけられるなら施設等に入れることもできるが、普通の一般家庭では共倒れです!ただでさえ収入源の社会で生きていくのもたいへんですよ!
志田勇太郎容疑者が介護施設に相談をするも断られたという情報も入っており詳しい詳細について確認が取れ次第追記・更新していきます・・(続く)

コメント

タイトルとURLをコピーしました