Twitterで話題

鶴屋地区高層ビル建設予定地「60代男性が土砂崩れで生き埋めに」横浜西口

土砂崩れの起きた横浜駅西口の事故現場に建設予定のビルTwitterで話題
土砂崩れの起きた横浜駅西口の事故現場に建設予定のビル

2020年10月13日、横浜市の西口の高層ビル建設予定地で作業員の60代男性が土砂崩れに巻き込まれ生き埋めになり意識不明です。この記事では工事現場の情報や、建設予定のビルの情報、事故の概要を関係者の証言を交えまとめます。なお情報は随時、追記・更新されます。

https://marudedameko.com/yamamotorumino-profile/

土砂崩れで作業員が生き埋めになった横浜駅西口の事故現場

横浜西口で土砂崩れが起きた工事現場画像

横浜西口で土砂崩れが起きた工事現場画像

60代作業員が土砂崩れの犠牲になった工事現場の画像です。現場の住所は「横浜市横浜市神奈川区鶴屋町1丁目」。横浜駅西口からすぐの場所にあります。後に追記しますが、この場所には43階建ての複合型高層ビルの予定地です。2019年の10月から建設が開始されているので丁度1年たったころにこのような事故が起きてしまいました。

横浜駅西口で土砂崩れ生き埋め事故が起きた工事現場の画像

横浜駅西口で土砂崩れ生き埋め事故が起きた工事現場の画像

ちなみにこの高層ビル建設予定地について、事故物件を扱う大島てるさんのサイトに既に掲載されていました。「神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町一丁目・・住宅・店舗・ホテルなどが入る地上43階建てのビル(高さ約180メートル)を建設中、穴の中の土砂が崩落し、60代の男性作業員1人が生き埋めになり死亡した。死亡したとは公には発表されていない段階でこの掲載がされていましたが亡くなってしまったのでしょうか。

(追記)

消防の救出活動により、約9時間後の午後6時すぎごろ土砂崩れに巻き込まれた作業員男性の死亡が確認されていました。被害にあった男性は菅野正一さん(62歳)です。かなりベテランの作業員の方だっただろうだけにこんな事故に巻き込まれるとは・・ご家族も本当に気の毒です。

大島てるさんのサイトに掲載された横浜西口高層ビル予定地

大島てるさんのサイトに掲載された横浜西口高層ビル予定地

宝塚市の中学教師・上野宝博が生徒に暴力を振るい重傷を負わせる

高校生に暴力を振るった伊藤威楓の自称イケメン画像

迷惑自転車で有名な成島明彦が2度目の逮捕で実刑決定!

 

横浜駅西口の土砂崩れ事故現場が建設している高層ビル

土砂崩れで60代作業員が生き埋めになってしまった横浜駅西口の工事現場。この場所には以下の画像のような高層ビルが建設されている途中でした。「横浜駅きた西口鶴屋地区第一主市街地開発事業」として大がかりな工事が行われており、このビルの当初の完成予定は2024年3月です。

土砂崩れの起きた横浜駅西口の事故現場に建設予定のビル

土砂崩れの起きた横浜駅西口の事故現場に建設予定のビル

施工主は「大林組」、地上43歳、地下2階、店舗とホテル・住居などが入る予定のビルです。

横浜駅の西口で土砂崩れ事故が起きた事故現場の情報画像

横浜駅の西口で土砂崩れ事故が起きた事故現場の情報画像

千葉県の高齢者住宅「アウル」で経営者の鈴木愛子が虐待!入居者を骨折させる

京都の部落地域に住む山村留美乃さんが殺害された事件

鶴屋地区高層ビル建設予定地で起きた土砂崩れ事故の概要

横浜駅西口鶴屋地区で土砂崩れが起きた工事現場画像

横浜駅西口鶴屋地区で土砂崩れが起きた工事現場画像

横浜駅西口の鶴屋地区で起きた土砂崩れ事故の概要は以下の通りです。

2020年10月13日、横浜駅西口の「西口鶴屋地区市街地再開発事業」で高層ビルを建設していた作業現場で土砂崩れが起き作業員1人が生き埋めになった
事故が起きたのは10月13日の午前9時45分頃
地面を掘削した穴の中で、側面の板が外れて土砂が崩れ中にいた60代の男性作業員が生き埋めとなった
作業員3名は同日の朝8時頃から掘削作業を開始、土砂崩れが起き1人が生き埋めになったが、他の2名に怪我などはないことがわかっている
土砂崩れが起きた穴は高さ10メートルほど
土砂崩れにより生き埋めになった60代作業員は姿は見えているものの意識がなく呼び掛けに応じない状況が続いており消防が救出活動をしている(13日14時現在)
穴の中は水が湧き出してしまい、危険な状況のため、救助活動は中断された(13日16時)
消防による救出活動により同日の午後18時過ぎ、作業員男性の死亡が確認された。亡くなったのは菅野正一さん(62)
あの辺は地盤が軟弱だから工事は気を付けてやらないと事故につながる、地震などが来ると液状化とか路面のめくれが発生している。
そもそも横浜駅近辺なんて最近の堆積層&埋め立て。
地中で腐敗進行中のものが掘削により圧力が弱まり膨張し、壁面破壊&異臭流出なんていうシナリオが描けるかも。先に流出し始めた異臭が昨日の騒ぎで、それは今日の予兆だった、とかありうるかも。
こないだも横浜の工事現場で重機ごと落下する死亡事故が起こりましたよね?
横浜の役所はちゃんと工事現場を監視してるの?
現場監督に「横浜はどうせ監視に来ないからテキトーに手を抜いてやれ」とか思われてない?
神奈川県警のテキトーっぷりも合わせると、神奈川県の役所って結構テキトー?
映像から大林組が元請けだね。
作業員さんのご無事を祈念します。

丁度この時期起きている横浜駅での異臭騒ぎとこの掘削作業を関連付けているコメントもありました。確かに貯水タンクに重機ごと転落した事故も神奈川県でしたし・・流石に事故が続くとしっかりと現場の確認作業を行っていたのか怪しく思えてきます。このビルには459戸の住宅が入る予定もありますがこのような事件があるといわくつきで価値が下がらないか余計な心配もしてしまいます。事故にあった男性が無事であることを祈るばかり。

横浜小柴貯油施設のタンクに作業員が重機ごと落下

ドラマ「35歳の少女」パヨクドラマ認定される

スピード違反被害者「高校生の近藤由輝くん画像」

上級国民千野志麻は人を殺しておいてセレブ生活高笑い

コメント

タイトルとURLをコピーしました